<< ネオラクゴ・フロンティアsec... 公演まで二週間 稽古に勤しむ(... >>

今日も稽古だった SHISHAMOを聴いてaikoや大塚愛を思い出した(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じの強いお天気。
 夕方ごろから雨が降り始める。

 気温は上昇し、むわっとした一日。


 花粉に気圧と湿度、その他諸々で体調芳しからず。


 歌舞伎役者の十代目坂東三津五郎が亡くなった。59歳。
 九代目坂東三津五郎の子息で、坂東八十助から十代目を襲名した。
 歌舞伎での活躍はもちろんのこと、商業演劇やテレビドラマ・映画の現代劇にも積極的に出演した。
(古くはNHKの朝の連続テレビ小説『おていちゃん』の兄役、その後は『古畑任三郎』の犯人役、森田芳光監督の『阿修羅のごとく』の愛人役、山田洋次監督の『母べえ』の父親・父べえ役、宮藤官九郎脚本の『うぬぼれ刑事』の栗橋誠役が印象に残る)
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、3時20分過ぎまで仕事関係の作業を進める。


 午前中、仕事関係の予定をすませる。


 それから京阪で深草まで移動し、龍谷大学の深草学舎へ。
 3月8日に公演予定の『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』の稽古に参加する。
 本番まであと僅か。
 さらに励まないと。


 で、稽古終了後、いくつか予定をすませ、夕飯用の買い物をして18時台に帰宅する。


 帰宅後、今日の稽古をさらう。


 夕飯後、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ他が演奏したベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付き」<EMI>、NHKラジオ第1のワクテカ・ラジオ学園サンデー(途中から)を聴く。
 ワクテカ・ラジオ学園にはSISHAMOというバンドが出演していて、ボーカルの歌声、楽曲ともにaikoの影響を強く感じる。
 ただし、大塚愛が出てきたときのような、「うえっ」という感じは全くしなかったが。
(大塚愛に「うえっ」ときたのは、明らかにaikoを模倣している感じがした上に、aiko同様女性に歌いかけているようなふりをしながら、その実男性に対してはっきりと媚びているような感じがして仕方なかったからだ。その後、大塚愛も頑張ってるんだよなあと、ちょっと考え方を改めたけど。それに、より聡いというか賢しいのはaikoのほうだとも思うし)


 『カルデモンメのゆかいなどろぼうたち』を改めてさらったり、『夏美の夏は』の打ち直しを行って第4稿を完成させたりした。


 岩井三四二の『とまどい本能寺の変』<PHP>を読了する。
 本能寺の変の「周囲」の人々に焦点を当てた短篇集。
 安国寺恵瓊や安藤守就と、目の付けどころがよい。
 ああ、面白かった!


 今日も、ロピアのプチ・ティラミスを食す。
 近くのドラックランドひかりで、半額引き、税込み66円だったもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2015-02-22 23:50 | CLACLA日記
<< ネオラクゴ・フロンティアsec... 公演まで二週間 稽古に勤しむ(... >>