「ほっ」と。キャンペーン
<< ネオラクゴ・フロンティアsec... 愉しい時間を過ごした(深夜のC... >>

寝坊して意気消沈(CLACLA日記)

 雨。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上昇し、むしっとした感じがする。

 時折くしゃみの連発や咳込みに悩まされるなど、花粉症が出る。
 やれやれ。


 昨夜、KBS京都でオードリーのオールナイトニッポンを聴いたりしながら、4時頃まで仕事関係の作業を進める。


 午前中の予定が変更になったので気が緩み、気がつけば正午をだいぶん過ぎていた。
 で、結局THE ROB CARLTONの公演を観ることができなかった。
 あまりにも残念で、意気消沈する。


 NHK・FMの『トーキング・ウィズ松尾堂』や『きらクラ!』、ルドルフ・ゼルキンがジョージ・セル指揮コロンビア交響楽団の伴奏で弾いたモーツァルトのピアノ協奏曲第19番&第20番他<SONY>、ヴィルヘルム・バックハウスがハンス・シュミット=イッセルシュテット指揮ウィーン・フィルの伴奏で弾いたベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番<DECCA>、山田一雄指揮新日本フィルが演奏したモーツァルトの交響曲第41番「ジュピター」<フォンテック>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、新しい作品について考えたり、渡辺京二の『幻影の明治』<平凡社>を読み進めたりする。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ブラボー!オーケストラ』を聴く。
 東京フィルの第857回オーチャード定期演奏会(2015年1月18日、オーチャードホール)から、仲道郁代が阪哲朗指揮で演奏したシューマンのピアノ協奏曲のライヴ録音などが放送されていた。

 続けて、サンソン・フランソワが弾いたドビュッシーのピアノ曲集(映像他)<東芝EMI>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、ワープロ・ファイルの作品を確認したりする。


 『幻影の明治』を読了し、伊集院静の『いねむり先生』<集英社>を読み始める。
 『いねむり先生』は、妻の夏目雅子を亡くして失意の中にある作者(作品中は、サブロー)が色川武大(阿佐田哲也)と出会い、親交を結ぶ中で救われていく様を描いた小説。
 伊集院静の作品を読むのは実は初めてだが、すっと入ってくるような文章だ。

 ほかに、吉田秀和の『世界の指揮者』<ちくま文庫>の拾い読みをした。


 今日は、神戸屋のミルクシャルロットを食す。
 壬生のローソンストア100で、50円引きだったもの。
 ミルククリームをロールしたスポンジケーキで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2015-04-19 23:27 | CLACLA日記
<< ネオラクゴ・フロンティアsec... 愉しい時間を過ごした(深夜のC... >>