<< なかなか晴れてはくれないものだ... 心はうつろいやすものだ 人その... >>

カルタ遊び 12

☆カルタ遊び 12

 ええ、一杯のお運び誠にありがとうございます。東京から参りました売れない落語家、三遊亭凡馬でございます。ボンバヘイ! 売れない落語家でございますが。あたくしは、凡人の凡に馬と書いて凡馬でございまして、師匠が亡くなりました三遊亭汗馬でございます。あの、湯カンバのカンバじゃございませんよ。汗に馬と書いて汗馬でございまして、手のつけられようのない暴れ馬って意味で。まあ、確かに、暴れ馬でございまして。何せ、本物のこれ(頬に線を引く)、でございますから。東京広しといえど、背中に我慢、お灸のあとじゃないですよ、彫り物、刺青、それも髑髏なんてのが入った噺家なんて一人っきりだったでしょうね。少なくとも今世紀に入ってからは。もともと、浅草の生まれなんですがね、あたくしの師匠は。昭和二十年三月十日の東京大空襲で、家族丸ごと焼き殺されちまいまして。天涯孤独の身の上。そこを拾ってくれたのが、新宿のマーケットの大親分だったそうでして。その一の子分とまで言われてたってえから凄いもんです。それが運がいいのか悪いのか警察に捕まって、なんで捕まったのかはご想像にお任せしますが、当時の新宿署の署長さんから諭されたってんです、お前は口跡が良いから噺家になったらどうかって、それで紹介されたのが、昭和の大名人三遊亭金馬、あたくしにとっては大師匠にあたります先代の金馬でございました。まあ、そんな汗馬のもとにあたくしが弟子入りするきっかけというのが、というより、無理やり弟子にさせられたみたいなものなんですよ、本当のところは。かれこれ三十年近くも前のことになります。忘れようったって忘れられませんよ、あれは千駄ヶ谷の銭湯でした。あたくしがお湯につかって、寿限無寿限無五劫のすりきれ、なんて調子よく口ずさんでたときです、後ろのほうから、おいって低い声がするんですよ。あれ、なんだろうって、振り返ると、あるんですよ、髑髏の刺青が…。
[PR]
by figarok492na | 2015-11-19 04:18 | カルタ遊び
<< なかなか晴れてはくれないものだ... 心はうつろいやすものだ 人その... >>