<< 大切な予定をすませた 身体のメ... またぞろ寒くなった(CLACL... >>

健康診断を受ける 友だちとばったり(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、青空の見えるお天気。

 気温はさらに下がり、寒さが強い。
 皆さん、くれぐれも風邪などにはお気をつけくださいね。


 耳の不調、咳込みなど続く。
 やれやれ。


 増長慢というか下劣というか。
 馬鹿につける薬は本当にないと思う。

 そして、いつもの如く、たぶらかしや目くらましの八百長猿芝居には騙されたくないとも思う。


 昨夜、NHKのラジオ深夜便を聴きながら24時過ぎに寝床に就く。

 で、二度ほど目醒めて、7時に起きる。


 NHKのラジオ番組や、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック他が演奏したテレマンの協奏曲集<オワゾリール>、KBS京都の『妹尾和夫のパラダイスkyoto』を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』の今後の展開について考えたりする。


 西村雄一郎の『清張映画にかけた男たち』<新潮社>を読了する。
 いろいろと刺激を受けることができた。


 12時台に外出して、仕事関係の用件を片付け、中央図書館で『清張映画にかけた男たち』と扇田昭彦の『こんな舞台を観てきた』<河出書房新社>を返却してから、丸太町通の病院へ。
 特定健康診断をすませる。
 まあ、こういうものだ。


 14時40分過ぎに帰宅して、フォルテピアノの平井千絵が弾いた『Mozart Speaks Vol.1』<フォンテック>、ジョン・エリオット・ガーディナー指揮イングリッシュ・バロック・ソロイスツが演奏したモーツァルトの交響曲第31番「パリ」&第34番<PHILIPS>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、江國香織の『ちょうちんそで』<新潮社>を読み始めたりする。


 再び外出し、烏丸丸太町近辺で仕事関係の予定をすませる。

 帰りがけ、友だちとばったり。
 ばったりしてもおかしくない場所だったし、時間帯だったけれど、やはりびっくりはする。

 で、夕飯用の買い物をして19時近くに帰宅する。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』で、トーマス・ヘンゲルブロック指揮ハンブルクNDR交響楽団の来日コンサート(2015年6月4日、サントリーホール大ホール)を聴く。
 アラベラ・美歩・シュタインバッハーをソロに迎えたメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、マーラーの交響曲第1番「巨人」(1893年ハンブルク稿)、アンコールのワーグナーの歌劇『ローエングリン』から第3幕への前奏曲他が放送されていた。
 このうち、ヘンゲルブロックとNDR交響楽団が録音したマーラーの「巨人」(1893年ハンブルク稿)はSONY/BMGレーベルからリリースされており、当方も手元に持っている。

 続けて、同じくNHK・FMの『DJクラシック 広上淳一の音楽ってステキ』を聴く。
 なんと言っても、林光さん編曲による『早春賦』を聴けたのが大収穫。
 広上さんは、あえて「謎解き」をしていなかったけれど。

 さらに、ダニエル・バレンボイム指揮シカゴ交響楽団が演奏したワーグナーの序曲・前奏曲集<TELDEC>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『御神酒徳利』を書き進めたり、『ちょうちんそで』を読み進めたりする。


 今日も、バナナを食す。
 ごちそうさま!


 明日は7時半起き。
 土日は、30分だけ遅く起きることにする。
 で、夜は身体のメンテナンス!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2016-03-25 22:58 | CLACLA日記
<< 大切な予定をすませた 身体のメ... またぞろ寒くなった(CLACL... >>