<< 自分自身の立ち位置を考える(C... ネオ落語・セントラル 第24回 >>

安保法が施行される(CLACLA日記)

 青空は見えつつも、どんよりとした感じも少なからず。

 気温は少し上昇したか。
 それでも、まだ春らしくはなし。
 皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 安保法が施行される。
 いろいろと考えることあり。


 選挙目当てのたぶらかしや目くらましの八百長猿芝居には騙されまい。


 昨夜外出し、いくつか用件を片付けたから錦湯さんへ。
 24回目となるネオ落語・セントラルを愉しむ。
 詳しくは、前回の記事(観劇記録)をご参照のほど。
 ああ、面白かった!

 終了後の交流会に参加し、遅めの夕飯をすませたりして1時半過ぎに帰宅する。


 で、2時過ぎに寝床に就き、7時に起きる。

 午前中、NHKのラジオ番組やフォルテピアノの平井千絵が弾いた『Mozart Speaks Vol.1』<フォンテック>を聴いたりしながら、ネオ落語記録を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 11時過ぎに外出して、仕事関係の用件を片付ける。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』を聴きながら、『御神酒徳利』の手直しを行ったり、今後の展開について考えたりする。
 『御神酒徳利』は、最後の二つの部分をどう書き進めるか慎重に考えているところだ。
(途中、15分ほど昼寝をした)


 仕事関係の予定をすませる。


 その後、フォルテピアノのメルヴィン・タン他が演奏した『サロン・コンサート』<EMI>やペーター・ノイマン指揮コレギウム・カルトゥジアヌム&ケルン室内合唱団他が演奏したモーツァルトの戴冠式ミサ曲&荘厳ミサ曲<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、塩澤幸登の『死闘 昭和三十七年阪神タイガース』<河出書房新社>を読み進めたりする。


 夕方になって再び外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、アルフレッド・ベルナルディーニ指揮ゼフィーロ他が演奏したモーツァルトのオーボエ協奏曲、ファゴット協奏曲、2つのヴァイオリンとオーボエ、チェロのためのコンチェルトーネ<DHM>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 夕飯後、レオポルド・ストコフスキー指揮ナショナル・フィルが演奏したシベリウスの交響曲第1番&トゥオネラの白鳥、ブラームスの交響曲第2番&悲劇的序曲、メンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」&ビゼーの交響曲<いずれもSONY/BMG>を聴く。
 前に詳しく記したのでくどくどと繰り返さないが、ストコフスキー最晩年の録音とは全く思えないほどの若々しくて瑞々しく力強い演奏だ。
 4チャンネルステレオ原盤でなければ、もっとクリアな音質でこれらの演奏を聴くことができたのではないか。
 そのことが残念でならない。


 仕事関係の作業を進めたり、『死闘 昭和三十七年阪神タイガース』を読み進めたりする。


 今日は、バナナを食す。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2016-03-29 22:42 | CLACLA日記
<< 自分自身の立ち位置を考える(C... ネオ落語・セントラル 第24回 >>