「ほっ」と。キャンペーン
<< 内田秋子のこと ネオ落語・セントラル 第25回 >>

劇核自覚コウシロー第5回公演『キャン・ユー・ライト?』(妄想演劇館)

☆劇評三態

*劇核自覚コウシロー第5回公演
 『キャン・ユー・ライト?』
 (東渦岡若手演劇祭大会参加作品)

 書けない書かない書きたくない。
 劇核自覚コウシローの第5回公演『キャン・ユー・ライト?』(角谷甲子郎作・演出)は、そんな物書きの複雑な真情を通して、今現在を切り取ってみせる。
 書けない作家の物語といえば、小川洋子の小説『原稿零枚物語』<集英社>をすぐに思い起こすが、こちらコウシローは自称三文文士の私小説作家花町凡太(西村賢太へのオマージュ)が主人公。
 今日も今日とて原稿の書けない凡太は、嫌がる編集者草村繁子(くさむらしげるこ)を伴って西の方へと旅に出る。
 向かうは、秘境の温泉街世毎(よごと)。
 そこで二人が目にしたものは? そして凡太は原稿を書き切ることができるのか?
 前半、凡太と繁子の凹凸コンビが七転八倒する様は、いつもの角谷節全開でくすっと笑えたし、中盤のだれ場も効果的だ。
 けれど、後半、話が弾まない。
 いや、ライトにライトでライトしようとしたって、ライトにライトがあたっていては、という角谷君の意図はよくわかる。わかるんだけど、終盤のもたつきは厳しい。
 もしあの展開を活かしたいのであれば、繁子ではなく女将でお上の岡見拝子(おかみおがみこ)を前面に押し出してもよかったのではないか。それか、全ては嘘っぱちのホラ話ですよと居直ってしまうとか(角谷君の含羞はそれを許さないだろうな、きっと)。
 それでも、だからこそ、ただ在ろうとする凡太の姿が神々しくも見えてくる。
 凡太役の漁灯健吉(いざりびけんきち)が好演。この平平凡凡たる作家の非凡さをあるは飛び跳ねあるは歌いあるは黙り込んで演じ切った。
 拝子のきらほしよも奮闘。見た目と違ってシリアスな役どころ向きの演者さんだが、トリックスターに徹していた。
 繁子の足利山女(あしかがやまね)も巧くなった。ただ、渦岡小劇場界の作家演出家に好んで起用される足利さんだけど、僕には今ひとつしっくりこない。
 足利さんはルックスもよいし、その努力も買う。しかし、その努力は果たして演劇で発揮されるべきものなのだろうか。言葉を換えれば、足利さんにとっては、自分自身を「見せる」ことができさえすれば他の何かでもよいのではないか。小劇場という世界に付け入る隙が余りにもあるから演劇を選んだだけなのではないか。
 もちろんそのこと自体僕は否定しない。
 けれど、もし今後も演劇を続けていくのだとすれば、彼女はもっとそのことに自覚的になるべきだと思う。
[芸術アドヴァイザー・中瀬宏之]


 ううん。どうしてこの題材なんだろう。
 上演中、ずっとそのことを考えていた。
 考えてもわかんない。てか、わかるんだけど、やっぱりわかんない。
 他にもやり方はあると思う。少なくとも、中途半端な笑いなんかいれないで、もっと素直にやっていいんじゃないかな。
 役者は作品にあってる人とあってない人の差がはっきりしてた。
 きらさんとは一度一緒に作品を創ってみたい。
 あと、ラストの照明はもっと落として欲しかった。
 あれでは、ほんとにしらけるから。
 評価6点。
[劇団五十歩百歩代表・東渦岡若手演劇祭大会審査員伊坂へん子]


コウシロー見たよ。ちょっとよくわかんない。小説家さんが編集者さんと旅する話。まねちゃんが今回もサイコー。あのサングラスほしい!!
[むうむう@マカロン大好きさんのツイート]
[PR]
by figarok492na | 2016-04-05 11:13 | 観劇記録
<< 内田秋子のこと ネオ落語・セントラル 第25回 >>