「ほっ」と。キャンペーン
<< 花は花でもお江戸の花だ(文章の訓練) 内田秋子のこと >>

ほぼハイドンづくしの一日(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、晴天へ。

 気温も上昇し、春らしい一日。
 季節の変わり目、皆さん、くれぐれもご自愛くださいね。


 両耳の調子、どうにも芳しからず。
 聴力に問題はないようで、近所の工事の騒音も相変わらずしっかり聴こえているが、うっとうしいことに変わりはない。
 別の病院で診察してもらおうか。
 やれやれ。

 医療費のことを考えても、何がアベノミクスじゃと口にしたくなる。


 一橋大学名誉教授で歴史学者(日本近世・近代史)の、安丸良夫が亡くなった。81歳。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜、1時半に寝床に就き、7時に起きる。

 午前中、マルク・ミンコフスキ指揮レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブルが演奏したハイドンの交響曲第96番「奇蹟」、第95番、第93番、第94番「驚愕」、第98番、第97番、第99番<naïve>を聴いたりしながら、ネオ落語記録(前々々回の記事)や「劇評三態 劇核自覚コウシロー第5回公演『キャン・ユウ・ライト?』」(前々回の記事)を投稿したり、仕事関係の作業を進めたりする。


 午後、ABCラジオの『とことん全力投球!!妹尾和夫です』やミンコフスキ指揮によるハイドンの交響曲第100番「軍隊」、第101番「時計」、第102番、第103番「太鼓連打」<同>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、大岡玲の『たすけて、おとうさん』<平凡社>を読み進めたりする。

 途中、15分ほど昼寝をした。


 16時台に外出して仕事関係の用件を片付け、京都芸術センターに寄り、夕飯用の買い物をすませる。
 17時50分近くに帰宅。


 帰宅後、ミンコフスキ指揮によるハイドンの交響曲第104番「ロンドン」、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏した同じくハイドンの交響曲第77番&第76番<BBCミュージックマガジン>を聴いたりしながら、『たすけて、おとうさん』を読み進めたり、雑件を片付けたりする。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMの『ベスト・オブ・クラシック』の「世界のオーケストラ~東欧 スロヴェニア放送交響楽団」を聴く。
 ブノア・フロマンジュ指揮によるマスネの『ラホールの王』序曲、ロレンツォ・カストリオータ指揮によるプッチーニの交響的奇想曲、ジョージ・ペーリヴァニアン指揮によるボニンの『カンクロ』とシベリウスの交響曲第1番などが放送されていた。

 続けて、シギスヴァルト・クイケンさん指揮ラ・プティット・バンドが演奏したハイドンの交響曲第103番「太鼓連打」&第104番「ロンドン」<DHM>、フォルテピアノのアンドレアス・シュタイアーが弾いた同じくハイドンのソナタ第34番&第33番他<同>を聴く。
 今日も、ほぼハイドンづくし。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『内田秋子のこと』を投稿したり、『たすけて、おとうさん』を読み進めたりする。
 『内田秋子のこと』は原稿用紙に換算して5枚弱の、文章の訓練。
 フィクション(フェイク・エッセイ)である。


 今日も、バナナを食す。
 ごちそうさま!


 馬鹿につける薬はない。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2016-04-05 22:41 | CLACLA日記
<< 花は花でもお江戸の花だ(文章の訓練) 内田秋子のこと >>