「ほっ」と。キャンペーン
<< 犬神家の末裔 第4回 犬神家の末裔 第3回 >>

雨の日 『犬神家の末裔』を書き進めた(CLACLA日記)

 雨、雨、雨。
 どんよりとしたお天気の一日。

 気温は上昇するも、じめじめむわむわとして快ならず。
 皆さん、時節柄くれぐれもご自愛くださいね。


 両耳の不調に加え、気圧と湿度のWパンチ。
 やれやれ。


 民進党の山尾志桜里政調会長の元秘書によるガソリン代の不正請求が取り沙汰されている。
 不正は不正、しっかり追及されねばならないが、先日の国会での山尾代議士による安倍首相追及の様子を思い返せば、ああやられたなとどうしても思わざるをえない。
 甘利元大臣の問題はいったいどこにいったのか、その他の自民党代議士の問題はどうなるのか。
 だいたい、ガソリン代でいえば安倍首相や菅官房長官も多額の請求を続けているそうではないか。
 と、言って、実は僕は政府与党の側がこうした手法を取り続けることそれ自体が問題であるとは思っていない。
 いや、そうしたやり口は卑怯卑劣ではあるけれど、権力の側が自らのそれを維持するためには、たとえ道徳的(ばかりではなく、ときに法的)に問題があることであろうとそうした手法、手段を選ぶものであることは、洋の東西を問わず長い歴史を振り返ってみれば当為のことでもあるのである。
 結局大切なことは、そうした事どもがいつでも起こり得るという認識を僕(ら)一人一人がしっかり持ち続けることであり、そうした事どもに対してどう判断をくだしていくかということなのだ。
 もっとも愚かで恥ずべきことは、与えられた情報を鵜呑みにして大勢に流されることではないか。
 そして、騙された騙されたと本気で繰り返すことではないか。

 目くらましの八百長猿芝居には騙されたくない。


 昨夜、24時半過ぎに寝床に就いて、7時に起きる。

 午前中、マルク・ミンコフスキ指揮レ・ミュジシャン・デュ・ルーヴル=グルノーブルが演奏したハイドンの交響曲第96番「奇蹟」、第95番、第93番、第94番「驚愕」、第98番、第97番、第99番<naïve>を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『犬神家の末裔 第2回』を書いて投稿したりする。


 雨のため、予定が変更になる。


 午後、ABCラジオの『桑原征平粋も甘いも木曜日』や、ミンコフスキ指揮によるハイドンの交響曲第100番「軍隊」~第104番「ロンドン」を聴いたりしながら、仕事関係の作業を進めたり、『犬神家の末裔 第3回』を書いて投稿したり、松家仁之の『火山のふもとで』<新潮社>を読み進めたりする。
 途中、15分ほど昼寝もした。


 夕方になって外出し、夕飯用の買い物をすませる。


 帰宅後、グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第10番<SONY/BMG>を聴いたりしながら、雑件を片付ける。


 途中夕飯を挟み、NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、ボヤン・スジッチ指揮セルビア放送交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴く。
 アレクサンダル・パブロヴィッチの独奏によるシューマンのピアノ協奏曲、ブラームスの大学祝典序曲、ブリスティッチのオラトリオ『復活』が演奏されていた。
 ブリスティッチの『復活』が、予想外に聴きものだった。

 続けて、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィルが演奏したブラームスのセレナード第1番と、ヴァイオリン協奏曲(シェロモ・ミンツの独奏)&大学祝典序曲<ともにドイツ・グラモフォン>を聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進めたり、『犬神家の末裔 第3回』を書いて投稿したり、『火山のふもとで』を読み進めたりする。


 今日も、バナナを食す。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2016-04-07 22:38 | CLACLA日記
<< 犬神家の末裔 第4回 犬神家の末裔 第3回 >>