<< ワンマンショーを観て、用件を片... 犬神家の末裔 第6回 >>

丸山交通公園ワンマンショー2DAYS 再演B『平成ぼやき講座』

☆丸山交通公園ワンマンショー2DAYS 再演B『平成ぼやき講座』

 出演:丸山交通公園
(2016年4月9日15時頃開演/スタジオヴァリエ)


 今日明日と二日間に渡って開催される、丸山交通公園ワンマンショー2DAYSのうち、今日15時からの再演B『平成ぼやき講座』に足を運んだ。
 『平成ぼやき講座』といえば、昨年11月(21日)の京大NFでの丸山節全開の初演、中でも中盤のチェーホフの『煙草の害毒について』っぽい(と言ったら、ちょっと違うかな)、妄想の部分が強く印象に残っている。
 で、今回はその再演というふれ込みだったのだが、ぼやきの、それも捨てネタがいくつか重なる程度で、ほとんど新作と言ってもよいような内容となっていた。
 まずは、分厚いフリップ(画用紙)を持って丸山交通公園が登場。
 ひとくさりあったのち、フリップを使ったぼやきが始まったと思ったら…。
 と、ここから先は明日もあるので記さないけど、フリップを「相手」にして丸山君という人間の自虐と自尊がよく表われており、とても興味深く、とてもおかかなしかった。
 一つには、密室芸というか、ブラックボックス・タイプのスタジオヴァリエの閉じられた空間の中で、内心これってほんまは笑ってええんかな、いんや笑うで、という丸山君とお客さんとの「共犯関係」が生み出されていたことも大きいのだろうが。
 いずれにしても、やたけたさと計算のあいまった、丸山ワールドを愉しむことができた。

 アンケートの「(丸山君は)これからどうしたらいいか?」といった趣旨の設問じゃないけど、それじゃあここから先、どのような企画を打ち出していくのか、言葉を換えれば、自虐と自尊とともに、自律と自負をどうしっかり築いていくべきかが丸山君の課題だと思うが、彼自身それも織り込みずみだろう。
 無料カンパ制。
 ご都合よろしい方は、ぜひ。
 ああ、面白かった!
[PR]
by figarok492na | 2016-04-09 19:41 | 観劇記録
<< ワンマンショーを観て、用件を片... 犬神家の末裔 第6回 >>