2010年 09月 25日 ( 2 )

外出前の日記(CLACLA日記)

 晴天。
 いいお天気、いい青空になる。

 気温がそれほど上昇せず、湿度も低いので、すっきりとして過ごしやすい。


 民主党の代表選が終わったと思ったら、これだ。
 なんともかとも。
(どうしても裏を読んでしまうなあ。あんなことこんなこと)


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、4時8分に消灯する。

 11時12分に起きて、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 このお天気だもの、そりゃ洗濯をしなくっちゃ!

 ついでに、掃除機かけもすませる。

 京都府立文化芸術会館に電話をかけ、今夜行われる青柳敦子さんのワークショップについて尋ねる。
 すでに定員をオーバーしているとのことだったが、見学は可能とのことで、お願いすることにする。
(あとで知ったが、青柳さんは指揮者の本多優之さんといっしょに仕事をされたことがある方だった)

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 14時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 エサ・ペッカ・サロネン指揮ロンドン・シンフォニエッタ他が演奏したストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』<SONY>と、パルナッシ・ムジチが演奏したドメニコ・ガッロの12のトリオ・ソナタ集(『プルチネッラ』の下敷きとなった作品)<CPO>を続けて聴きながら、矢野誠一の『落語のこと少し』<岩波書店>を読み進めたり、『井戸家の休日』という一幕物の戯曲のプロットを考えたりする。

 胃腸の調子、あまりよろしからず。

 今夜は、上述の如く、京都府立文化芸術会館まで青柳敦子さんのワークショップを見学しに行く予定。
 と、言うことで、そろそろ外出の準備を始めたいと思います。
 それじゃあ、行って来ます!
[PR]
by figarok492na | 2010-09-25 15:55 | CLACLA日記

友だちと会って、夜遅くなる(深夜のCLACLA)

 どんよりとしたお天気が続く。
 雨降りにはならなかったが。

 気温は今日も上昇せず、涼しい一日となる。
 と、言うより、湿度が高いのと、これまでがこれまでだっただけに、肌寒いという感じのほうが強い。


 昨夜は、ナイナイのオールナイトニッポンを聴いたりしながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時44分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時近くなってからだった。
(ナイナイのオールナイトニッポンは友近がゲスト。友近のネタをたっぷり観てみたいなあ、久しぶりに)

 10時11分に起きる。

 10時33分に外出し、近くの郵便局で用件を片づけ、10時45分に帰宅する。

 仕事関係の作業を進める。

 クラウディオ・アバド指揮ヨーロッパ管弦楽団が演奏したロッシーニの歌劇『セビリャの理髪師』、『アルジェのイタリア女』、『ラ・チェネレントラ』、『絹のきざはし』、『どろぼうかささぎ』の序曲<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、企画関係の作業を進めたり、雑件を片づけたりする。

 仕事関係の作業を進める。

 15時22分に外出しスギ薬局に行くも、案の定お米の取り扱いはなく、すごすごとそのまま15時35分に帰宅する。

 帰宅後、仕事関係の作業を進める。

 16時27分に外出し、下京図書館へ。
 矢野誠一の『舞台人走馬燈』<早川書房>と福永文夫の『占領下中道政権の形成と崩壊』<岩波書店>を返却し、予約しておいた矢野誠一の『落語のこと少し』<同>と山尾敦史の『ビートルズに負けない近代・現代英国音楽入門』<音楽之友社>を新たに借りる。
 で、そのまま寄り道せずに、17時10分に帰宅した。

 友だちから連絡が入って急遽会うことになり、18時4分に外出し、友だちとおち合い、いっしょに夕飯をとったりしながらいろいろと話しをし、23時59分に帰宅する。

 やるべきことをしっかりやっていかなければ、と改めて痛感した。

 今日は、外出中にシュークリームを食す。
 カスタードクリームとホイップクリームの入った大きめのシュークリームで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 以上、9月24日の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-25 01:42 | CLACLA日記