カテゴリ:カルタ遊び( 12 )

カルタ遊び 12

☆カルタ遊び 12

 ええ、一杯のお運び誠にありがとうございます。東京から参りました売れない落語家、三遊亭凡馬でございます。ボンバヘイ! 売れない落語家でございますが。あたくしは、凡人の凡に馬と書いて凡馬でございまして、師匠が亡くなりました三遊亭汗馬でございます。あの、湯カンバのカンバじゃございませんよ。汗に馬と書いて汗馬でございまして、手のつけられようのない暴れ馬って意味で。まあ、確かに、暴れ馬でございまして。何せ、本物のこれ(頬に線を引く)、でございますから。東京広しといえど、背中に我慢、お灸のあとじゃないですよ、彫り物、刺青、それも髑髏なんてのが入った噺家なんて一人っきりだったでしょうね。少なくとも今世紀に入ってからは。もともと、浅草の生まれなんですがね、あたくしの師匠は。昭和二十年三月十日の東京大空襲で、家族丸ごと焼き殺されちまいまして。天涯孤独の身の上。そこを拾ってくれたのが、新宿のマーケットの大親分だったそうでして。その一の子分とまで言われてたってえから凄いもんです。それが運がいいのか悪いのか警察に捕まって、なんで捕まったのかはご想像にお任せしますが、当時の新宿署の署長さんから諭されたってんです、お前は口跡が良いから噺家になったらどうかって、それで紹介されたのが、昭和の大名人三遊亭金馬、あたくしにとっては大師匠にあたります先代の金馬でございました。まあ、そんな汗馬のもとにあたくしが弟子入りするきっかけというのが、というより、無理やり弟子にさせられたみたいなものなんですよ、本当のところは。かれこれ三十年近くも前のことになります。忘れようったって忘れられませんよ、あれは千駄ヶ谷の銭湯でした。あたくしがお湯につかって、寿限無寿限無五劫のすりきれ、なんて調子よく口ずさんでたときです、後ろのほうから、おいって低い声がするんですよ。あれ、なんだろうって、振り返ると、あるんですよ、髑髏の刺青が…。
[PR]
by figarok492na | 2015-11-19 04:18 | カルタ遊び

カルタ遊び その11

 戦後不調の続いていた成瀬巳喜男にとって起死回生の一作となった『めし』(1951年)だが、もともと同じ戦前派の名匠千葉泰樹が監督する予定であったことは古い邦画ファンの間では非常に有名な話である。

 と、唐突にこんなことを書き始めたのも、先日三鷹のシアターQの千葉泰樹特集で、彼の『厩火事』(1956年)を愉しんだからだ。
 『厩火事』は、おなじみ古典落語を八住利雄が脚色し、髪結いのお崎を淡島千景、亭主の八五郎を森繁久彌、仲人を小堀誠が演じるというあたり、どうしても豊田四郎の『夫婦善哉』(1955年)を思い起こすのだけれど、実際千葉泰樹自身そのことを大いに意識しているようで、終盤のお崎と八五郎の掛け合いは江戸版『夫婦善哉』とでも呼びたくなるような、歯切れの良さにのりの良さだ。
 またこの作品では、落語で仲人の口にする孔子と麹町のさる殿様のくだりが劇中劇として再現されているが、特に孔子に扮した森繁に、三木のり平、山茶花究、有島一郎といった連中が馬鹿騒ぎする厩火事のシーンでは千葉泰樹の喜劇性が巧みに示されている。
 加えて、古今亭志ん生がこの噺の冒頭部分を演じているのも、今となっては非常に貴重だろう。
(千葉監督に何度も同じ部分を繰り返させられた志ん生は、敗戦前後の満州で親交を結んだ森繁に「あたしゃ壊れた蓄音器かい」とこぼしたそうだ)
 手堅くまとまっていることが災いしてか、あいにく名作傑作の評価は得られてないが、観て損のない一本であることも確かである。
 中でも落語好きの映画好きには、なべてお薦めしたい。

 それにしても、時期的には逆になってしまうものの、森繁淡島コンビ、千葉泰樹監督による『めし』を、私はぜひ観てみたかった。
[PR]
by figarok492na | 2015-02-25 03:59 | カルタ遊び

カルタ遊び10

 モーリス・エ・ハイドロジェン。

 アレクセイ・ドミトリエヴィッチ・アルカシンスキーは、ヴァレリー・グリゴリエヴィッチ・ナシュタートフから借りた歴史学のノートの隅に記されたその言葉に目を留めた。
 歴史学の講義(それはどうにも退屈なものだった)については黒い万年筆で克明に記されているにも関わらず、モーリスと水素という言葉は、青いボールペンで薄く走り書きされているだけだった。
 ノートの前後を確認してみたが、そこにはあまり賢いとは言えないピョートル三世の治績と生涯が書き連ねてあるだけで、モーリスと水素という言葉との関連性は全くうかがうことができなかった。
 アルカシンスキーは、彼にノートを手渡すときのナシュタートフの様子を思い起こしてみた。
「明日から旅に出る。愉しい旅だ」
 そう言ってナシュタートフは微笑むと、ゆっくりとアルカシンスキーに右手を差し出した。
 握手は彼の癖だった。
 アルカシンスキーは、モーリスと水素という言葉の意味をはかりかねた。
 なぜなら、ナシュタートフは旅先で自動車に轢かれて亡くなってしまったから、もはや彼に尋ねてみることは適わないのだ。
 ただモーリスと水素という言葉が、アルカシンスキーとナシュタートフの間でさまよっている。
 アルカシンスキーは、自分の日記にモーリスと水素という言葉だけを書き写した。
 亡き友人に倣って青いボールペンで。

 モーリス・エ・ハイドロジェン。

 イリーナ・アレクセエヴナ・アルカシンスカヤは、父の遺した日記に…。
[PR]
by figarok492na | 2015-01-03 13:51 | カルタ遊び

カルタ遊び その9

 森。木々の隙間から陽光がこぼれている。
 初老の女、舞台奥下手側の大きめの石に腰掛け、ステンレス製の水筒から柿の葉茶を飲んでいる。
 初老の男、舞台中央上手寄りに立って、手にしたステッキで地面を軽くつついている。

女「ねえ」
 男、反応しない。
つつき続ける。
女「ねえ」
 まだ反応しない。
女「ねえ」
男「(つつくのを止めて)なんだい、急に大きな声出して」
女「だって」
 女、柿の葉茶を口に含む。
 男、軽く舌打ちする。
女「今朝の味噌汁、辛くなかった」
 鳥の鳴き声がする。
男「田舎だから、なんでも塩辛いんだよ」
女「卵焼きは薄味だったけど」
 女、リュックから飴の袋を取り出す。
女「いらない」
 男、一瞬振り返る。
男「いいよ」
 男、再び前を向いて地面をつつき始める。
 鳥の鳴き声がする。
女「鳴いてるわね」
男「(長い間)ミソサザイだよ」
女「ミソサザイ」
男「うん」
女「そう」
男「小さな鳥さ」
 女、柿の葉茶を再び口に含む。
女「あれ、猛(たける)かしら」
 男、振り返る。
男「おい」
 女、反応しない。
 鳥の鳴き声がする。
[PR]
by figarok492na | 2014-09-05 11:32 | カルタ遊び

カルタ遊び その8

「はい、向日町公平探偵事務所」
 と、俺が応えたところで、電話はぶつりと切れた。
「ねえ、これで三回目でしょう」
 薫が俺にそう言った。
 薫はソファーに寝そべったままだ。
 ソファーから飛び出た左足に、ずっとマルコンがじゃれついているというのに。
「いや、これで四回目だよ」
「えっ、だって」
「君はさっき眠ってたじゃないか。大きないびきをかいて」
「大きな、は余計よ」
 薫はマルコンを撫でるように蹴ると、胸ポケットから煙草の袋を取り出した。
「ライターある」
「ごめん、今禁煙中なんだ」
「嘘」
「ほんとに」
「ふうん」
 薫は煙草の袋をポケットに戻すと、仰向けになった。
「で、誰だと思う」
「電話の主が」
「だいたいの目星はついてるんでしょう」
「そうだね、全く見当がつかないってことはないよ」
「さすがは向日町公平ね」
「だけど、今一つ確信が持てなくてね」
「どうして」
「どうしてって、あいつはとっくの昔に死んでるからさ」
 薫は乾いた笑い声を上げて、
「どうやって死人が電話をかけてくるのよ」
とからかうような口調で言った。
「そうさ、それが問題なんだ」
 俺は、デスクの上の古い黒革の手帳をゆっくりと開いた。
「でも、鍵がここにある。謎を解く大きな鍵が」
[PR]
by figarok492na | 2014-08-31 04:34 | カルタ遊び

カルタ遊び その7

 街一面の雪景色。
 センデリーヌとヘンデリーヌは、今朝も一緒に手をつないで、学校目指して歩いています。
 センデリーヌは赤い長靴、ヘンデリーヌは青い長靴。
 赤と青。青と赤。
 ああっ。
 どうしたの?
 あれっ。あれっ。
 どれっ。
 ほらあ。あそこ。
 センデリーヌが道端を指さしました。
 なんとそこには、白い長靴が片方落ちていました。
 誰のだろうね?誰のだろうね?
 センデリーヌもヘンデリーヌも首をかしげました。
 右に右に。左に左に。
 だめだよ、遅れちゃう。
 ヘンデリーヌがセンデリーヌの手を引きます。
 ほんとだ、遅れちゃう。
 ヘンデリーヌは紺色の手袋、センデリーヌは飴色の手袋。
 紺色と飴色。飴色と紺色。
 ああああっ。
 どうしたの?
 あそこ。あそこ。
 どこ。
 ほらあ。あそこ。
 ヘンデリーヌが道端を指さしました。
 なんとそこには、白い手袋が片方落ちていました。
 誰のだろうね?誰のだろうね?
 ヘンデリーヌもセンデリーヌも首をかしげました。
 左に左に。右に右に。
 そして、今朝はなんて不思議な朝なんだろうと二人は思いました。
[PR]
by figarok492na | 2014-08-27 03:39 | カルタ遊び

カルタ遊び その6

 ふるごすふるごすあうかんとす

 ふるぎすふるぎすまるかんとす

 あぶるつけるとおふかんと

 いんもらしうすみのべうす

 ていらていんげおねすいだきしす

 もべりてあうねいおしおしす

 うるぶんそるげすひうあきんとるす

 みてもてているねすあうておす

 でねでねきおれきおれきあうす

 おるべるていおねしおでしとうです

 こんあみらあとすめうれきだあもす

 あんたきれえてすもうりこでいもす

 いおくるでいしすゆびらんと

 いおくるでいしすゆびらんと

 あめんとあめねすまきれくでうす

 るつかあるばすゆきででしす

 へろこんでいてすみおもてでんとす

 ふるごすふるごすあうかんとす

 ふるぎすふるぎすまるかんとす

 どなどねどるねのうびすぱあちえむ
[PR]
by figarok492na | 2014-08-22 22:48 | カルタ遊び

カルタ遊び その5

 昨夜、お風呂から出てあまり身体を拭かないままずっと電話で話をしていたせいか、喉の調子がどうにもおかしい。
 腫れぼったい感じがして、唾を飲み込むときも軽く痛みがする。
 早いうちに手を打っておこうと救急箱を開けたが、あいにく風邪薬は切れていた。
 もう、だめじゃない。
 一瞬、慣れ親しんだ母の声が聴こえたような気がした。
 母が亡くなってから、もうかれこれ二十年近くが経つ。
 もうすぐ母が亡くなったときの歳よりも、私のほうが上になる。
 そんなに長く生きてきた重みなど、さらさら感じていないというのに。
 思い切り伸びをしたらあくびが出て、喉がつつんと痛んだ。
 思わず涙がこぼれた。
 手の甲で涙を拭うと、また少し涙がこぼれた。
 きりがないな、と思うとさらに涙がこぼれた。
 巴旦杏。
 いつの頃だか忘れてしまったけれど、腫れ上がった私の喉を見て、母がそう言った。
 はたんきょう。
 と、痛みをこらえて訊き返すと、今度は扁桃と母は答えた。
 アーモンドチョコレート、好きでしょ。
 頷く私に、病院に行って熱が下がって喉の痛みがとれたら、アーモンドチョコレート買ってあげるからね、と母は続けた。
 巴旦杏も扁桃もアーモンドのことだと知ったのは、高校生になってからのことだった。
 巴旦杏はスモモのことも言うけどな、と担任の国語の先生は付け加えた。
 そのときには、もう母は亡くなっていた。
 お母さん。
 私は、声に出さずに呟いた。
[PR]
by figarok492na | 2014-08-18 17:16 | カルタ遊び

カルタ遊び その4

「まあ、こわい」
 美智代はそう口にしながら、自分の身体を丹野の身体にしっかりと寄せた。
「なんだい急に」
「だって、ほらあそこに」
「えっ、あそこって、よく見えないな」
 丹野は眼鏡をかけると、美智代が指さすほうに目をやった。
「ああ、なんだ、あれは紙魚じゃないか」
「しみって」
「紙の魚って書いてしみって読むんだよ。悪い虫じゃないよ」
「そうなの。わたし、こんな虫目にするの初めてよ」
 丹野の腕を軽く掴んだままで美智代が言った。
 はははははは。
 乾いた笑い声を上げると丹野は、
「これだから乳母日傘のお嬢さんは」
と言うが早いか立ち上がり、手近な新聞紙で紙魚を捻り潰した。
「そんなことしなくったって」
 美智代が恨めしそうに丹野を睨んだ。
 (石橋文四郎『お嬢様と三文文士』より)

(問10)以上の文章の解説として最も適当なものを選べ

A:美智代は丹野の暴力的な性格を非常に恐れている。

B:本作品は、丹野と美智代の階級格差が克明に描かれたプロレタリア文学の傑作である。

C:紙魚を知らない美智代は、本を読む機会の少ない無学な女性だ。

D:この作品は戦争批判がこめられた寓話だ。

E:丹野は、野暮天である。
[PR]
by figarok492na | 2014-08-18 02:58 | カルタ遊び

カルタ遊び その3

 むべなるかな。
 元禄八年の冬、母方の伯父である鳥取藩の国家老荒尾氏のもとに身を寄せていた俊藤修理は、かつての同輩十河弾正より届いた書状に目を通し、そう嘆息した。
 書状には、播磨国三日月藩三万石の藩主で先頃奏者番に任ぜられたばかりの高遠摂津守有宇が江戸藩邸において激高した家老職の塩見豊後によって刺殺されたこと、さらにはそれがすでに御公儀の耳にも達し、三日月藩の改易が免れぬだろうことが記されていた。
 弾正は、摂津守の日頃の言行が今度の御沙汰につながったものとも付け加えていた。
 幕政進出の野望を胸に、策謀の限りを尽くしておられたあの方がこうも易々と亡くなるとは。
 世の中とは、なんと不可思議なものか。
 と思う反面、修理は因果応報、当然至極とも考えざるをえなかった。
 あの方は、一度たりとて腹の底から笑ったことのないお方だった。
 目の底はいつも笑ってはおられなかった。
 人を利用する術はよく心得られておられても、人の心を動かす術は全く心得られておられなかった。
 それがまた、家臣一同ばかりか、民百姓にまで見抜かれてもいた。
 しかも、家臣が諫言を重ねれば諫言を重ねるほど不機嫌の度合いを増し、結果身近な場所より遠ざける始末だった。
 一度丹後宰相頼尋卿よりその姿勢を厳しく叱責されたる際も、ただただ自らの手元の扇子を見つめるばかりで言葉もなく、頼尋卿立ち去りしあとは、あの老候を失脚させる手立てはないものかと俄然怒りの声を上げ、塩見豊後の心を強く苦しめたものだ。
 その塩見豊後があの方を殺したのである。
 何か途方もないことが起ったに違いない。
 と、修理は思い到らざるを得なかった。
[PR]
by figarok492na | 2014-08-14 17:46 | カルタ遊び