<   2006年 12月 ( 29 )   > この月の画像一覧

一日一枚 365:カプリッチョ

 ☆リヒャルト・シュトラウス:歌劇『カプリッチョ』
  カール・ベーム指揮バイエルン放送交響楽団他
  <DG/ドイツ・グラモフォン・レーベル>POCG−2669〜70/国内盤

 今回は、カール・ベーム指揮バイエルン放送交響楽団他の演奏による、リヒャルト・シュトラウスの歌劇『カプリッチョ』のCDを聴く。
(なお、このCDは、10年以上も前にひょんなことから購入したものなのだけれど、今では僕の愛聴盤中の愛聴盤になっている)

 『カプリッチョ』は、リヒャルト・シュトラウスが作曲した最後の歌劇*で、「音か言葉か」という命題が、登場人物たちの「葛藤」を通してメタシアターよろしく描き込まれた、実に通向きな内容の作品である。
 ただ、一方で、弦楽6重奏の序奏や「月の光の音楽」をはじめとして、リヒャルト・シュトラウスお得意の、時に官能的ですらある美しい旋律に満ちあふれた音楽でもあり、こ難しい理屈にばかりとらわれなければ、充分愉しむことのできる作品だとも思う。
(*この『カプリッチョ』が、第2次大戦中に作曲された作品であること、言い換えれば、ナチス政権下でこのような逃避的な作品が作曲されたことには、やはり留意しておかなければなるまい)
 カール・ベーム指揮バイエルン放送交響楽団は、音を粘つかせることのない見通しのよい演奏を行っていて好感が持てるし、グンドゥラ・ヤノヴィッツ、ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ、ペーター・シュライヤー、ヘルマン・プライ、タティアナ・トロヤノス、カール・リーダーブッシュら独唱陣も、作品とベームの解釈によく添った優れた歌唱を披露しているのではないだろうか?
 多くの音楽好きにお薦めしたい、大推薦の一枚だ。

 ところで、「一日一枚」は、ちょうど365回目を迎えた今回で、終わりにしたいと思います。
 来年からは、別の形であれこれと記事をアップしていこうと考えておりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 それでは、皆さんよいお年を!
[PR]
by figarok492na | 2006-12-31 21:15 | 一日一枚

一日一枚 364:ペール・ギュント

 ☆グリーグ:『ペール・ギュント』ハイライト
  ジェフリー・テイト指揮ベルリン・フィル他
  <EMI>TOCE−4023/国内盤

 今回は、ジェフリー・テイト指揮ベルリン・フィル他の演奏による、グリーグの劇音楽『ペール・ギュント』を聴く。

 イプセンの同名の戯曲の伴奏音楽として作曲された『ペール・ギュント』は、コンサート用の組曲版が非常に有名だが、このCDは、もともとの劇の進行に添いつつ、17曲を抜粋したアルバムである。
 曲によって親しみやすさの差がありはするものの、概して、ドラマティックであったり、抒情的であったりと、実に聴き心地のよい愉しい音楽ではないだろうか。
 ジェフリー・テイトとベルリン・フィルは、劇場感覚とシンフォニックさのバランスがよくとれた「中庸」の演奏を行っていると思う。
 また、ペッテリ・サロマーやシルヴィア・マクネアー他の声楽陣も、粒が揃っていて、まずもって不満がない。
 中古で、税込み1000円程度までなら、安心してお薦めできる一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-31 14:46 | 一日一枚

一日一枚 363:スヴェトラーノフのラフマニノフ−4

 ☆ラフマニノフ:交響的舞曲、『ロスティスラフ公爵』、ヴォカリーズ
  エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団
  <ポニー・キャニオン>PCCL−00325より/国内盤

 エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団の演奏による、ラフマニノフの交響曲・管弦楽曲全集の最終回。
 今回は、交響的舞曲と交響詩『ロスティスラフ公爵』、そして歌曲『ヴォカリーズ』の管弦楽編曲版が入ったCDを聴く。

 交響的舞曲(シンフォニック・ダンス)は、ラフマニノフ最晩年の管弦楽曲で、彼の総決算と評してまず間違いないだろう。
 高い技量を誇るアメリカのオーケストラに対応して、タイトル通りシンフォニックな作品世界が造り上げられているが、一方で、ラフマニノフのロシア的な体質が明瞭に表されていることも疑いようがない。
 スヴェトラーノフは、そうした作品の根底にある部分をストレートに描き上げ、スケールの大きな音楽を生み出している。
(その分、粗さもないではないが)
 一方、若書きの『ロスティスラフ公爵』、『ヴォカリーズ』は、ともにロマンティックで上場的な演奏だ。
 「シンフォニック」さを求めるむきよりも、濃密な感情表現を求める方にお薦めしたい一枚である。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-29 21:23 | 一日一枚

一日一枚 362:スヴェトラーノフのラフマニノフ−3

 ☆ラフマニノフ:交響曲第3番、『死の島』
  エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団
  <ポニー・キャニオン>PCCL−00325より/国内盤

 前回に続いて、エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団の演奏による、ラフマニノフの交響曲・管弦楽曲全集のCDを聴く。
 今回は、交響曲第3番と交響詩『死の島』が入った一枚を選んだ。

 交響曲第3番は、ラフマニノフのアメリカ亡命後に作曲された作品で、しつこさくどさ騒々しさ美しさリリカルさといった、ラフマニノフらしさはここでも全開だが、ハリウッド調(特に、両端楽章)というのか、それが実に洗練された形ではまっていて、個人的には嫌いではない交響曲だ。
 ただ、スヴェトラーノフは、そうした作品の洗練具合よりも、ラフマニノフのロシア的な情感をより明確に表して、この交響曲の持つ別の一面をしっかりと描き上げているように思う。
 また、ベックリンの絵に触発されて作曲した『死の島』は、ラフマニノフのペシミストぶりやメランコリーな性質を象徴するような作品で、エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団の演奏ともども「聴きもの」となっている。
 全集中、特にお薦めしたい一枚である。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-29 11:59 | 一日一枚

一日一枚 361:スヴェトラーノフのラフマニノフ−2

 ☆ラフマニノフ:交響曲第2番他
  エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団
  <ポニー・キャニオン>PCCL−00325より/国内盤

 前回に続いて、エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団の演奏による、ラフマニノフの交響曲・管弦楽曲全集のCDを聴く。
 今回は、交響曲第2番と幻想曲『岩』が入った一枚を選んだ。

 交響曲第2番は、ラフマニノフの管弦楽曲の中で、もっとも有名な作品だが、特に第3楽章の美しく、抒情的で、忘我的ですらある音楽は、全曲中の白眉と評することができるだろう。
 ただし、スヴェトラーノフとロシア国立交響楽団は、線の細さなど何するものぞと、骨太でパワフルな演奏を、ここでも行っている。
 もっともっと歌って欲しいというむきもあるだろうが、これはこれで作曲家の本質(の一面)をとらえているのではなかろうか?
 また、チェーホフの短篇小説によるカップリング曲の『岩』は、スヴェトラーノフの性質によくあって、悲劇的世界が巧みに描かれていると思う。
 いずれにしても、スヴェトラーノフ好きを中心にお薦めしたい一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-28 22:28 | 一日一枚

一日一枚 360:スヴェトラーノフのラフマニノフ−1

 ☆ラフマニノフ:交響曲第1番他
  エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団
  <ポニー・キャニオン>PCCL−00325より/国内盤

 今回は、エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団の演奏による、4枚組のラフマニノフの交響曲・管弦楽曲全集の中から、交響曲第1番他のCDを聴く。

 ぶっちゃけて言うと、これでもかこれでもかとくどくてしつこい感じの強い交響曲第1番(特に、第4楽章冒頭のファンファーレはひどい)だが、それでも第3楽章のラルゲットなど、ラフマニノフらしい抒情性を「垣間聴く」ことができる。
 エフゲニ・スヴェトラーノフ指揮ロシア国立交響楽団は、ラフマニノフの音楽の持つくどさしつこさ、騒々しさを、いささかも手加減することなく、パワフルにエネルギッシュに演奏しきっている。
(その分、ところどころ粗さを感じてしまうのも事実だが)
 他に、ラフマニノフのメランコリックな特性がよく表れた『カプリッチョ・ボヘミアン』と、メンデルスゾーンの影響が丸わかりな『スケルツォ』もカップリングされていて、まさしくおなかいっぱいになる。
 ラフマニノフ好き、スヴェトラーノフ好きにはお薦めしたい一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-27 22:02 | 一日一枚

一日一枚 359:ティボーデのラフマニノフ

 ☆ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番、第1番
  ジャン・イヴ・ティボーデ(ピアノ)
  ウラディーミル・アシュケナージ指揮クリーヴランド管弦楽団
  <LONDON>POCL−1658/国内盤

 今回は、フランス出身のピアニスト、ジャン・イヴ・ティボーデとウラディーミル・アシュケナージ指揮クリーヴランド管弦楽団の演奏による、ラフマニノフのピアノ協奏曲第1番と第3番のCDを聴く。

 正直なところ、案外好き嫌いがわかれるんじゃないかなあ、というのがラフマニノフの音楽だ。
 と、言うのも、ハリウッドの映画音楽調の抒情的で泣きの入ったメロディの美しさはまだよいとして、ぱっぱかぷっぱかだっだっだあ、と騒々しい部分がやたらとあるからである。
(特に、第1番の第3楽章など)
 ティボーデは、そうした騒々しさをこれでもかこれでもかと前面に押し出すことはせず、華麗なテクニックを駆使しながらスマートな音楽を創り出しているのではないか?
 両曲の第2楽章はもちろんのこと、第3番の第1楽章でも、彼の特性がよく表れていると思う。
 アシュケナージは、自らもピアニストとして両曲を録音しているだけに、音楽の勘どころをよく押さえた伴奏を行っている。
 こってり好きの人は物足りなさを感じるかもしれないけれど、一般的には、中古で税込み1200円程度までなら、安心してお薦めできる一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-26 22:15 | 一日一枚

一日一枚 358:マイスキーのサン・サーンス

 ☆サン・サーンス:チェロ協奏曲第1番、チェロ・ソナタ第1番*他
  ミッシャ・マイスキー(チェロ)
  オルフェウス室内管弦楽団
  ダリア・オヴォラ(ピアノ)
  <DG/ドイツ・グラモフォン>POCG−10119/国内盤

 今回は、ミッシャ・マイスキーの独奏による、チェロ協奏曲第1番を中心にサン・サーンスのチェロのための作品を集めたCDを聴く。
 なお、オーケストラ伴奏は、オルフェウス室内管弦楽団が務めている。

 まず、メインのチェロ協奏曲第1番は、3つの部分からなる単一楽章の作品で、サン・サーンスの音楽の持つ劇性が簡潔に表れた作品である。
 マイスキーはいつもの如く、情熱的な演奏で全曲を弾き切っているが、オルフェウス室内管弦楽団ともども、少し杓子定規に聴こえる部分があったことも事実だ。
 他には、おなじみ『動物の謝肉祭』からの「白鳥」や、アレグロ・アパッショナート、ロマンスも収められているが、個人的には、組曲の古典的なたたずまいが特に印象に残る。
 そして、このCD最大の聴きものは、チェロ・ソナタ第1番だと、僕は思う。
 それは、作曲家の意欲とマイスキーの素質とがぴったり重なり合って、実にドラマティックな演奏が生み出されているからだ。
 中古で税込み1200円程度までなら、安心してお薦めできる一枚である。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-25 22:32 | 一日一枚

一日一枚 357:バスティーユ襲撃

 ☆『バスティーユ襲撃』
  コンチェルト・ケルン
  <CAPRICCIO>10 280

 今回は、ドイツのピリオド楽器オーケストラ、コンチェルト・ケルンの演奏した、『バスティーユ襲撃』というタイトルのCDを聴くことにする。
 これは、ディッタースドルフが作曲した同名の交響曲の他、後のフランス国歌『ラ・マルセイエーズ』があからさまに引用されたダヴォーの協奏交響曲、ゴセックの交響曲など、フランス大革命と大きく関係した音楽が集められた一枚である。
 まあ、『バスティーユ襲撃』と名乗ってみても、例えばショスタコーヴィチの一連の作品のような、強烈なアジテーションぶりを発揮している訳ではなく、同時代の書方に則った、と言うより、いささか古風な雰囲気さえ漂う、いたって聴き心地のよい音楽のように、僕には感じられる。
 コンチェルト・ケルンの演奏は、作品の愉しさを識るという意味でも、全く問題のない出来だ。
 中古で税込み1200円程度までなら、充分お薦めしたい一枚である。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-25 16:59 | 一日一枚

一日一枚 356:モザイク・カルテットのメンデルスゾーン

 ☆メンデルスゾーン:弦楽4重奏曲第1番、第2番
  モザイク・カルテット
  <ASTREE>E8622

 今回は、モザイク・カルテットの演奏する、メンデルスゾーンの弦楽4重奏曲第1番と第2番のCDを聴く。
 いずれも、メンデルスゾーンにとっては初期の作品にあたるが、ものうい感じのするリリカルな旋律や、軽やかな躍動感、さらには緊張感にあふれた感情表現など、メンデルスゾーンらしさが全面に表れた音楽になっている。
 モザイク・カルテットは、そうした二つの弦楽4重奏曲の持つ特性を、流麗かつドラマティックな演奏で、巧みに表現していると思う。
 税込みで1200円程度までなら、断然お薦めしたい一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2006-12-25 12:16 | 一日一枚