「ほっ」と。キャンペーン

<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

耳もたれのしないリヒャルト・シュトラウス(CDレビュー)

 ☆リヒャルト・シュトラウス:交響詩集
  デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団
  2001年録音
  <ARTE NOVA>74321 87071 2

 HMVからのCD第2陣のうち、デヴィッド・ジンマン指揮チューリヒ・トーンハレ管弦楽団の演奏による、リヒャルト・シュトラウスの交響詩『ドン・ファン』、『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』、『ツァラトゥストラはかく語りき』のCDを聴く。
(ちなみに、『ドン・ファン』、『ティル』、『ツァラトゥストラ』といえば、リヒャルト・シュトラウスの交響詩の中でも一ニを争う作品であり、オーケストラの「腕力」を確かめるという意味でも、世界のオーケストラの重要なレパートリーとなっている)

 ジンマンとチューリヒ・トーンハレ管弦楽団は、ベートーヴェンの交響曲全集などでも聴かせたようなクリアでスマート、かつ均衡のよくとれた、非常に聴き心地のよい演奏を行っているのではないか。
 『ドン・ファン』なんか、少々そそくさとしすぎ、という感じもしないではないけれど、「耳もたれ」のしないジンマンの音楽づくりには、とても好感が持てる。
 特に、ティルが処刑される直前の「たあたあたあたあたあーたた」という部分は、作品の肝を巧く押さえているなと感心した。

 リヒャルト・シュトラウスってくどいやんか、と尻込みしている方にこそお薦めしたい一枚。
 なんせ、税込み700円程度なんやもの、そら絶対「買い」ですって。


 *中瀬宏之の納得いかないコーナー!

 ところで、このCDと同じ録音、同じカップリングのCDが、ソニー・BMG系から廉価盤面をして、何食わぬ顔で発売されている。
 ところがどっこいなんとこれ、アルテノヴァ盤より倍近く高い値段に設定されているのだから、性質(たち)が悪い。
 「まろは安物レーベルのCDなんて、汚らわしくて触れとうもないでおじゃるまろ」などと宣う、高尚ぶった「バカオロカ」は別にして、たいていのクラシック音楽ファンはアルテノヴァ盤を選ぶだろうから、つまりは「素人さん」相手にあこぎな商売をやっているということだ。
 榎木津礼二郎ならずとも、「こんなものがあるからいけないんだ!」とステッキで打ち据えたいかぎりである。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-22 20:57 | クラシック音楽

ヘンデルのアリア集(CDレビュー)

 ☆ヘンデル:アリア集
  アンジェリカ・キルヒシュラーガー(メゾソプラノ)
  ローレンス・カミングス指揮バーゼル室内管弦楽団
  2006年録音
  <SONY>82876 889522

 不良品到着、返品交換、美品到着と、すったもんだの騒ぎがあったヘンデルのアリア集を聴く。

 このCDには、『アリオダンテ』、『ジュリアス・シーザー』、『クレタのアリアンナ』の3つのオペラからのアリアが収められているが、硬軟優壮悲喜哀楽、様々な曲調のアリアが選ばれていて、全篇聴き飽きないとともに、劇場人ヘンデルの手だれ具合を識ることができる。

 キルヒシュラーガーは、伸びのある美声を活かして、そうした変化の激しい音楽をしっかり歌い分けているが、(声そのものの質として)いくぶん「不安定さ」を感じたことも事実である。

 もともとモダン楽器のバーゼル室内管弦楽団だけれど、どうやらこの録音ではピリオド楽器のオーケストラに「変身」しているようで、バロックアクロバティックな「過剰」さには不足する反面、キルヒシュラーガーの歌唱によく添った、とても丁寧で清潔感のある演奏を行っていると思う。

 歌好き、バロック好きには特にお薦めしたい一枚。


 余談だけれど、秋に発売される予定の、コジェナーのアリア集との聴き比べが愉しみだ。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-22 13:46 | クラシック音楽

久々の大外れ!?(CDレビュー)

 ☆シューベルト:交響曲第3番、第4番「悲劇的」他
  ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ指揮
  エミリア・ロマーナ・アルトゥーロ・トスカニーニ交響楽団
  1991年(ライヴ)録音
  <FONIT CETRA>5051442-0651-2-1

 先日到着したHMVのCD第2陣から、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ指揮エミリア・ロマーナ・アルトゥーロ・トスカニーニ交響楽団*の演奏による、シューベルトの交響曲第3番、第4番「悲劇的」他のCDを聴く。

 LP時代末期にひっかかる人間からしてみたら、フォニト・チェトラってあんまりイメージのよくないレーベルなんだけど、まあ、今ではワーナー傘下だし、大好きなハンガリー風ディヴェルティメントのオーケストラ版も入っているし、交響曲第3番も第4番も大好きだし、オペラの指揮でならしたガヴァッツェーニの純器楽曲指揮も聴いてみたいし、という理由で購入したCDだったのだが。
 うむむ、これは久々の大外れ…。

 まずもって、CDをかけたとたん、アナログ時代の雰囲気に引きずり込まれてしまう。
 それも、ステレオ−LPをすっとばして、モノラル−SP時代の雰囲気に。
(もちろん、れっきとしたデジタル録音。けれど、かさかさとした録音具合や、オケの雑然とした感じがまさしくSPなのだ)

 で、お目当てのハンガリー風ディヴェルティメントもねえ。
 ヴィルジリオ・モルターリ(って誰だーり?)なる人物の編曲は、ウェットな曲調の合間に、フンガロン行進曲然としたジンタ調のファンファーレを詰め込むというやり口で、原曲の持つ分裂気質、じゃない統合失調症気質がさらに拡大されていて、耳のやり場がない。
(ガヴァッツェーニは、作品の持つ「両面性」をオペラ的に歌わせよう鳴らせようとしているのだが、いかんせんオケが…。第3楽章の金管のファンファーレの「ホウァワァワァワァー」という部分での音のもろ外れには、思わずこちらが「ホワッホワッホワッホワッホワァー」と叫んでしまったほど)

 交響曲のほうも、せっかくいい調子で歌っているなと思ったら、音がずれたりまとまらなかったりで、どうにもオーケストラの弱さが耳についてしまう。
 これで、オーケストラがミラノ・スカラ座のオケ、ローマ聖チェチーリア、とまでは言わなとも、統合されてしまったトリノ、ミラノ、ローマのRAI(イタリア国営放送)のオケのどれか、もしくはボローニヤかフィレンツェのオペラのオケだったら、もっとガヴァッツェーニの意図がうまく伝わっただろうに。

 残念ながら、「物好き」な方以外には、極力お薦めしかねる一枚だ。
(実際、HMVのレビューにも「だめ!」と記したんだけど、何度も聴いているうちに、結構はまってきている。あな、おそろしや…)

 *なお、今年ロリン・マゼールと来日するトスカニーニ交響楽団は、このCDのオーケストラは別団体のようなので、まずは「ご安心」のほど。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-20 14:45 | クラシック音楽

『プルチネッラ』の元ネタ(CDレビュー)

 ☆ガッロ:12のトリオ・ソナタ集
  パルナッシ・ムジチ
  1999年録音
  <CPO>999 717−2

 先日購入した、ドメニコ・ガッロの12のトリオ・ソナタ集を聴く。

 ガロってナンガロ。
 などと、木久蔵(間もなく木久扇)師匠も真っ青な言葉を口にしたくなるほど、巷間ほとんど名前の知られていないガッロだが、ブックレットをひもとくと、18世紀前半にヴェネツィアに生まれた、作曲家兼ヴァイオリニストらしい。
 で、この12のトリオ・ソナタ集が彼にとっては主たる、というか、唯一残された作品なのだけれど、長い間ペルゴレージによる作曲と誤って伝えられていたというのだから、そりゃ知られるもへったくれもありゃしないという訳だ。

 それじゃあ、なんでそんな作曲家の作品のCDを購入したかというと、このガッロの12のトリオ・ソナタ集こそが、僕の大好きなストラヴィンスキーのバレエ音楽『プルチネッラ』の「元ネタ」の一つだからである。
 実際、CDをかけてみたら一目、ならぬ一聴瞭然。
 あの『プルチネッラ』の序奏と同じメロディーが聴こえてくるではないか。
 その後も、出てくる出てくる、あそこじゃここじゃ。
 もちろん、『プルチネッラ』に引用された部分以外も、流麗かつ快活な美しさに満ちていて、実に聴き心地がよい。

 ピリオド楽器のアンサンブル、パルナッシ・ムジチ(ヴァイオリン2、チェロ、チェンバロ)は、作品の性格や録音のかげんもあってか、いくぶん第1ヴァイオリンがきつめに感じられる部分もなくはないが、基本的には、作品の持つ魅力を十二分に引き出した、丁寧な演奏だと思う。

 バロック音楽好き全般にお薦めしたい一枚だ。


 なお、『プルチネッラ』がらみの部分にのみ興味がおありの方には、クリストファー・ホグウッド指揮セント・ポール室内管弦楽団の演奏による『プルチネッラ』全曲盤<DECCA>がお薦めかもしれない。
 と、言うのも、『プルチネッラ』に引用されたガッロのトリオ・ソナタが、ホグウッド他の演奏でカップリングされているからだ。
 ただし、残念ながらこちらは、ずいぶん前に廃盤になっている。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-15 15:15 | クラシック音楽

真夏にヨハン・シュトラウス(CDレビュー)

 ☆ヨハン・シュトラウス:作品集
  ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団
  1986年録音
  <TELDEC>8.43337ZK

 こうなりゃやけくそ4枚目。
 もってけドロボー!
 いいや、このCDはわしのもんや。
 誰にもやらんぞ、誰にもやらん。
 ここ、『大阪物語』の中村雁治郎風に。
(「この人、暑さでおつむがおかしうなったんとちゃいまんのん」、と呼ぶ声あり。わはははは、おかしいのはもとからでさあ)

 ニコラウス・アーノンクール指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏による、ヨハン・シュトラウスの作品集のCDを聴く。

 ニューイヤーコンサートならいざしらず、この夏の暑い盛りに何を好き好んでシュトラウスなんて、と心配されるむきもあるかもしれないが、なあにアーノンクールだったら大丈夫。
 めりはりのきいた「プログラム」で、刺激に満ちた50分強を過ごさせてくれる。
 もちろん、アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団も、アーノンクールの解釈によく添って、シャープでドラマティックな演奏を行っている。
(『エジプト行進曲』の叫び声も、いとおかしいとかなし)

 オーソドックスとは言えないけれど、聴いて面白いこと間違いなしの一枚なり。

 ちなみにこのCD、初期盤ということで、CD自体は、日本のコロムビアがプレスしたものである。
 歴史を感じるなあ。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-11 19:15 | クラシック音楽

ムストネンのベートーヴェン(CDレビュー)

 ☆ベートーヴェン:ピアノ変奏曲集
  オリ・ムストネン(ピアノ)
  1992年録音
  <DECCA>436 834−2

 ええい、3枚目。
 オリ・ムストネンの弾くベートーヴェンのピアノ変奏曲集を聴く。

 ムストネンのベートーヴェンは、RCAレーベルにいれたディアベッリ変奏曲他とピアノ・ソナタ第30番他の2枚のCDを持っているし、大阪音大のザ・カレッジ・オペラハウスで実演に接したこともある。
 いずれにしても、ピリオド奏法を援用したような、歯切れがよくって、クリアでスマートで、それでいてベートーヴェンの音楽の持つ抒情性にも目配せの届いた演奏だったが、このデッカの変奏曲集もまさしくそう。
 『エロイカ(プロメテウス)変奏曲』などには、「すれすれ」を感じさせる部分もなくはないものの、基本的には危なげのない演奏を行っているのではないか。
 パイジェルロの『水車小屋の娘』による2つの変奏曲や、『ルール・ブリタニア』や『ゴッド・セイヴ・ザ・キング』による変奏曲、自作主題による32の変奏曲と、選曲も抜群で、その点でも不満はない。

 肩ひじのはらないベートーヴェンを愉しみたい方には大いにお薦めしたい一枚だ。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-11 17:02 | クラシック音楽

ヴァントの田園と運命(CDレビュー)

 ☆ベートーヴェン:交響曲第6番、第5番
  ギュンター・ヴァント指揮ハンブルク北ドイツ放送(NDR)交響楽団
  1992年ライヴ録音
  <RCA>09026 61930 2

 続いて、ギュンター・ヴァント指揮ハンブルク北ドイツ放送(NDR)交響楽団の演奏による、ベートーヴェンの交響曲第6番と第5番のCDを聴く。

 ところで、僕がギュンター・ヴァントを「発見」したのは、今から20年以上も前の、N響アワーかNHKのFM放送だった。
 それは、このCDにも収められている「運命」の冒頭部分を聴き比べるというもので、ヴァントとN響の「運命」のシャープさに、「うむむ、これは」と高校生心に僕は驚嘆してしまったのだ。
 しばらくして、同じ演奏の全曲を聴くことができたのだけれど、「ヴァント凄し」の感想はもちろん変わることはなかった。
 が、当時のヴァントは残念ながらいまだ「巨匠」ではない。
 ただただ「ヴァントは違うな」という想いを心に刻んだまま、彼のCDを購入することもなく、時を過ごしてしまった。
(それには、彼が録音していたドイッチェ・ハルモニアムンディがちょうどEMI傘下にあった時期で、ブラームスにしてもベートーヴェンにしても、手に入れにくかったということも大きく影響している)
 その後、ヴァントはいつの間にか「巨匠」となり、ようやく彼の実演に接したのは、それから10年近くも経ってからのことだった。
(ヴァントとNDR響のブルックナーの交響曲第8番をケルンで聴いたのだが、それは演奏が終わったとたん、ほとんどの聴衆がスタンディング・オベーションするという「儀式」以外の何ものでもないものだった。まあ、ヴァントがケルンにとって「大恩人」であることを考えれば、無理もないことではあったのだけれど)

 さて。
 このCDについてくどくどと語る必要はないと思う。
 ベートーヴェンの二つの交響曲の持つ構造、音楽性、魅力が明確に表された、クリアでシャープ、なおかつ安定性の高い演奏に仕上がっている。
 第6番のほうは、第1楽章がいくぶんおとなしめに感じられるかもしれないが、第2楽章以降との対比という意味では、とてもバランスがとれているのではないか。
(いつもは、少々だるさを感じてしまう第2楽章がとても「面白い」)
 一方、第5番も、安易な「賑やかし」ではない、「音の」ドラマを愉しむことができる。

 聴けば聴くほど、凄さのわかる一枚。
 大推薦だ。

 って、いくらヴァントでも、「田園」と「運命」を繰り返し聴くのはちょとくどいかもしれないけどね。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-11 14:09 | クラシック音楽

美しき歌の花束(CDレビュー)

 ☆シャルパンティエ:美しき歌の花束
  ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサン他
  1998年録音
  <ERAT>3984−25485−2

 先週大阪で購入した4枚の中古CDの中から、まずは、ウィリアム・クリスティ指揮レザール・フロリサン他の演奏による、マルカントワーヌ・シャルパンティエのディヴェルティスマン、エールとコンセール集をとり上げる。

 クリスティはアメリカ出身の音楽家だが、フランスのバロック音楽を得意としており、特に、自らの率いるアンサンブルにレザール・フロリサン(花咲ける芸術=シャルパンティエの作品名)の名前をいただいていることからもわかるように、シャルパンティエのスペシャリストとして知られている。

 このCDは、レザール・フロリサンの結成20周年を記念して録音されたアルバムなのだけれど、まさしくそうした記念に相応しい一枚になっているのではないか。

 まずもって、シャルパンティエの音楽そのものが美しい。
 バロック時代というと、どうしても喜怒哀楽の表現がはっきりとした、はではでしい音楽になりがちだが、シャルパンティエの作品は抑制がきいていて、細やかさと優美さに満ちているのである。

 クリスティとレザール・フロリサンは、そうしたシャルパンティエの音楽の持つ魅力を、丹念で密度の濃い演奏で、十二分に表現し尽くしている。

 加えて、ソプラノのパトリシア・プティボンをはじめとした粒ぞろいの独唱陣!
 集めも集めたり、と評したくなるような均整のとれた美しい歌声の数々には、じっくりと耳を傾ける他ない。

 バロック好き、歌好き、フランス好きの方のみならず、音楽好きの方にはなべてお薦めしたい一枚だ。
 大推薦。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-11 11:29 | クラシック音楽

『魔法の笛』でしょう、やっぱり(映画の感想)

 アドルノのひそみに倣えば、ヒロシマ・ナガサキの後に「詩」を書くことは野蛮だし、「小説」や「戯曲」を書くことも、「オペラ」や「交響曲」や「ラブソング」を作曲することも、「映画」や「テレビドラマ」を撮影することも野蛮だろう。
 もちろん、それが全てではないけれど、「現実」というものに真正面から真摯にぶつかろうとする表現者には、どうしても避けることのできない「テーゼ」の一つであるとも、僕は思ってしまう。


 さて、と。
 以下、結構長くなりますよ。

 8月6日の午後、京都シネマまでケネス・ブラナー監督の『魔笛』(2006年、イギリス作品)を観に行って来た。

 現在公開中なので詳しい内容に関してはあえて触れないが、おおまかに言って、ケネス・ブラナーらしい「明度の高い」、そしてどこかスター・ウォーズ的で、モンテパイソン的でもある作品に仕上がっていたのではないだろうか。
 加えるなら、オリジナルのモーツァルトの歌芝居が持つ、ごった煮「邪劇」的要素も充分汲み取られていたと思う。
(夜の女王のアリアや、パパゲーノがらみの歌の場面を観よ!)
 また、オリジナルから「戦争」の影を嗅ぎとったブラナーの解釈もあながち的外れではないだろう。
 特に、冒頭の序曲の部分は強く印象に残る。

 ただねえ、個人的には、「どうにも微妙だなあ」という言葉が正直な感想なのだ。

 夜の女王が「等身大」で描かれている点にははっとしたし、「邪劇」的な部分も嫌いじゃないんだけれど。
 アウシュヴィッツやヒロシマ・ナガサキの後に、この解釈は、あまりにも脳天気番長すぎやしないかと、僕には感じられてしまうのである。
 少なくとも、あのペーター・コンヴィチュニーの「苦い」演出の存在を知っている身には、ここで描かれている「暗から明への勝利=平和の到来」という「考え方」自体がうさん臭くきな臭く思えてしまうのだ。
(いやいや、そういう反応はちゃちゃんと織り込みずみでんがなまんがな、だからこそ「メルヘンタッチ」、なおかつ「モンテパイソン」的にしたんやおまへんか、あんた細かいとこまでよう観なはれや、と切り返されりゃ、はははそうやったんやあ、と答えるしかないとはいえ)

 あと、オリジナルを知らない人(当然、そういうお客さんもいらっしゃると思う)、特に映画好きには、物語の「展開」があまりにも突っ込みどころ満載に思えてならないんじゃないかな。
 まっ、もとの台本がもとの台本だから、ここはご勘弁していただくということで…。
(僕らが考えている以上に、欧米では『魔笛』という作品は「ポピュラー」なのだ。例えば、日本における『忠臣蔵』みたいに。だから、「根本的」な筋の陳腐さ、整合性のなさを気にする必要はそれほどなかったのだろう。それ自体、なあんか傲慢?)

 *追記1
 これは何も、ケネス・ブラナーがオリジナルの持つ「とんでもなさ」をそのままでよいと考えている、と言いたかった訳ではない。
 それどころか、ブラナーは、物語の持つ「とんでもなさ」を、なんとか「面白いもの」にしようと奮闘していたと思う。
(奮闘しすぎて、かえってより辻褄のあわなくなった部分もあったとはいえ)
 僕が言いたかったのは、欧米では、『魔笛』のストーリーが「わけわからんちん」の「とんでもない」「突っ込みどころ満載」のものであるということは、すでにこの映画の観客のたぶん多数にとって「前提」となっているということ、言い換えれば、この映画を観て、「なんやねん、このあほな物語は」と根本的なストーリーをくさすこと自体、「あほなこと」だという「共通認識」があるということだったのだ。
 そして、モーツァルトの歌芝居を知らずにこの映画を観る人が存在するという点から考えれば、それはどこかしら「傲慢」さにつながることかもしれない、ということである。
(って、ややこしい?)

 もう一つ。
 歌が英語という点で、「原語至上主義」の人たちはおかんむりかもしれないけれど、これは一応「インターナショナル」配給の映画なので、仕方ないんじゃないだろうか。
(そういえば、日本向けの「仕掛け」があるのだが、あれは「あざとく」とられかねないな)
 アングロ・サクソン的な発想という気もするけど、ベルイマンだってスウェーデンの言葉を使ってたはずだし。
 それに、イギリスやアメリカでは『魔笛』を英語上演しているカンパニーも少なくない訳だから。
(ちなみに、アウフヴィーダーゼーエンはアウフヴィーダーゼーエンとドイツ語で歌わせている)

 音楽の演奏は、ジェイムズ・コンロンの指揮するヨーロッパ室内管弦楽団。
 アーノンクールやアバドに比べると数段落ちてしまうが、映画の世界にはよく添った、きびきびとして劇場感覚に不足しない音楽づくりをコンロンは行っていたのではないか。
 ヨーロッパ室内管弦楽団も達者な演奏で、まずもって不満はない。
(コンロンは映画の中にも出ていた)

 ルネ・パーペをはじめとする演者陣も、「歌芝居」という意味では大健闘と言えるだろう。
 タミーノ、パミーナの二人をはじめ、わりかしルックスもいいしね。


 で、最後に。
 この作品の原題は英語の『マジック・フルート』なんだから、ここは『魔法の笛』でしょう、やっぱり。
 そっちのほうが、よっぽど映画の雰囲気にあってるはずだもん。
 だいいちああた、『魔笛』はないでしょ『魔笛』は。


 *追記2
 『魔笛』を観て二日が経ったが、なんとも言えない後味の悪さが未だに残っている。
 これで監督がテリー・ギリアムだったら、その後味の悪さも含めて、「確信犯やで確信犯」とまくしたてるんだけどなあ。
 ケネス・ブラナー、「100パーセント」意図してやってくれているのかなあ。
 もしもそうじゃなかったら、ちょっとねえ…。
[PR]
by figarok492na | 2007-08-08 13:33 | その他