<   2007年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ニーノ・ロータの交響曲はいいよ!(CDレビュー)

 ☆ニーノ・ロータ:交響曲第1番、第2番、第3番
  大友直人指揮日本フィル
  1997年録音
  <キング>KICC241/国内盤


 先日購入した、大友直人指揮日本フィルの演奏による、ニーノ・ロータの交響曲集(番号つきの3曲)のCDを聴く。
 なお、この録音は、ブックレットに詳細な解説を記している、片山杜秀ら「有志」の尽力によって実現したものである。

 で、ニーノ・ロータっちゃ映画音楽の雄。
 『山猫』、『太陽がいっぱい』、『ゴッドファーザー』、そしてフェデリコ・フェリーニの一連の作品と、名作映画の影、どころか正面にもニーノ・ロータの音楽は大きな刻印を残している。
 そんなニーノ・ロータには、少なからぬ純クラシック音楽の作品があって、その中でも交響曲は…。
 って、片山さんの受け売りはこのぐらいにしとこ。
(言わずもがなだけど、このCDの解説は、例のナクソスの一連のシリーズの解説の「ひな形」にあたると思う)

 前から欲しいなと思っていたCDで、もちろんニーノ・ロータの交響曲なんて聴いたこたなかったんだけど、やっぱり購入して大正解だった。
 「新古典派」などと腑分けするのもおかしいくらいの、全くもって耳なじみのよい音楽。
 ちょっとべたやなあとは思いつつも、映画音楽でならしたメロディの美しさはさすがだし、例えば第2番の第4楽章のように、聴いてて「うきうき」してくるようなのりのよさもたまらない。
 おお、フェリーニ!

 確かに「現代音楽本流」好きのむきからすりゃあ、言いたいことはいっぱいあるだろうけどさ。
(「ちょと俗っぽいぜ、おっさん」と口にしたくなる「場面」もあるにはあるから…)
 少なくとも僕は、3曲の交響曲を十二分に愉しめた。

 オーボエの広田智之をはじめ、日本フィルの演奏は聴き応えがあるし、片山さんは別所(『レコード芸術』2002年12月号
の特集「交響曲のすべて」。実はこの号に、僕の投書した文章が掲載されている…)で交響曲第3番第3楽章の解釈について「釘を刺している」が、大友直人さんの音楽づくりだって言うほど悪くないんじゃないかな。
 個人的には大いに推薦の一枚だ。


 ところで、ナクソス的なレーベルって日本で立ち上げることは無理なんだろうな、きっと。
 日本のオーケストラを使ったあまり知られていない作品の録音を「安価」でリリースしていっても、採算とれないか…。
[PR]
by figarok492na | 2007-11-14 11:29 | クラシック音楽

カラヤンの間奏曲集(CDレビュー)

 ☆オペラ間奏曲集
  ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮ベルリン・フィル
  1967年録音
  <DG/ドイツ・グラモフォン>477 7163

 先日購入した、ヘルベルト・フォン・カラヤン指揮のベルリン・フィルによるオペラ間奏曲集のCDを聴く。
 なお、LP時代から名盤として知られていたこのオペラ間奏曲集だが、オリジナルの形でリリースされるのは、輸入盤では今回のCDが初めてとなるようである。

 音楽之友社刊行の『不滅の名盤800』で吉松隆が記しているように、冒頭の『椿姫』の第3幕への前奏曲(ヴェルディ作曲)や『カヴァレリア・ルスティカーナ』間奏曲(マスカーニ作曲)からして、『アダージョ・カラヤン』のひな形!? と口にしたくなるような「のり」で、特に3曲目の『修道女アンジェリカ』の間奏曲(プッチーニ作曲)の弦の音色などムード音楽すれすれの艶やかさなのだけれど、カラヤンの音楽づくり、音楽運びの巧さには、やはり感嘆する他ない。
 当時のコンサートマスター、ミシェル・シュヴァルベが活躍する『タイス』の瞑想曲(マスネ作曲)や、没溺惑溺的な濃厚さがたまらない『ノートルダム』間奏曲(フランツ・シュミット作曲)、かろみをおびた滑稽さがよく表現された『マドンナの宝石』第3幕への間奏曲(ヴォルフ=フェラーリ作曲。ただし、有名な間奏曲とは異なる)と、一曲一曲の出来も素晴らしいが、これまた吉松隆が記しているように、これはオリジナルの形で、全編愉しむべきアルバムだと思う。
 ベルリン・フィルの演奏も万全だし、リマスタリングが成功しているか否かはひとまず置くとして、音楽を愉しむ上では音質的にも不満はない。
 LP時代を彷佛とさせるデジパックということも加えて、多くの音楽好きにお薦めしたい一枚。
 約50分という収録時間も、こうしたアルバムには悪くないはずだ。
[PR]
by figarok492na | 2007-11-07 12:50 | クラシック音楽

フェイのハイドン(CDレビュー)

 ☆ハイドン:交響曲第52番、第49番「受難」、第58番
  トーマス・フェイ指揮ハイデルベルク交響楽団
  2005年録音
  <henssler>CD98.236


 先日購入した、トーマス・フェイ指揮ハイデルベルク交響楽団の演奏によるハイドンの交響曲のCDを聴く。
(フェイとハイデルベルク交響楽団はハイドンの交響曲の全曲録音を進めているが、いわゆる「シュトルム・ウント・ドランク=疾風怒濤」期の3曲を収めたこのCDは、その第6段にあたる)

 一聴、師匠アーノンクール譲りの歯切れがよくて激しいハイドンだと思う。
 ただ、アーノンクールがハイドンの音楽の持つ一種の「毒」を見つけ出しえぐり出していたのに対し、こちらフェイとハイデルベルク交響楽団の演奏では、いくぶんシンフォニックな、言い換えれば、スマートな音楽づくりがはかられているようにも感じないではなかった。
 ハイデルベルク交響楽団は、基本的にはモダン楽器のオーケストラということになるのだけれど、奏法音色ともにピリオド楽器の団体と遜色のない出来で、個々の作品の持つ性格を柔軟に表現しているのではないだろうか。
 個人的にはチェンバロつきのハイドンの交響曲演奏はあまり好みではないのだが、聴けば聴くほど耳になじんできたことも確かだ。
 古典派好きには特にお薦めしたい一枚。
 録音も演奏によく合っている。
[PR]
by figarok492na | 2007-11-03 13:06 | クラシック音楽