<   2008年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今日も買い物に出たぐらい(CLACLA日記)

 なんだかどんよりとした感じの一日。
 夕方、雨降りになったりもする。

 気温も上昇せず。
 じめ涼しい感じが強し。

 左足の腫れ(痛み)と右膝のつっぱり感は今日も続く。
 実は、来週の月曜から派遣の仕事が入っているのだが、あともうちょっとぐらいは症状が改善してくれないものかと思う。

 下京図書館に電話をする。
 今日が返却期限だったのだけれど、どうしても返却しに行くことができず。
 申し訳ないかぎり。
 できるだけ早いうちに返却しに行かないと。
 
 『ひゃっけんもどき』の筆入れ、第1回目を終える。
 もちろん、これで終わりということではない。
 まだまだ先は長い。

 夕方、どうしても用件があって買い物にでる。
 で、買い物先で、突然見知らぬおばさんがどどどっと後退してきて、左足の先の部分にぶつかる。
 激痛のあまり、ゲシュタルト崩壊気味になる。

 今日も、甘いものは食さず。

 今日で5月も終わり。
 後半は足のせいもあって「何やってんだか」といった毎日だった。
 来月を、いい一ヶ月にしていかなければ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-31 21:34 | CLACLA日記

またもやほぼ幽閉状態に(CLACLA日記)

 どんよりとした感じの強い一日だった。

 気温は、今日もそれほど上昇せず。

 左足の腫れと右膝のつっぱり抵抗感がしっかり残っていることもあって、今日はまたもやほぼ幽閉状態を自ら選びとった。
(夕方、近くの弁当屋に弁当を買いに行っただけ。外に出ると、ついつい歩いてみたくなるが、ぶり返しが怖いので我慢する)

 『ひゃっけんもどき』の筆入れを進める。
 それにしても、荒唐無稽なお話ばっかりだなあ…。

 夕方、旧い友だちから電話があり、3時間以上話しをする。
 お互いの近況について話しをしたりした。
 いやあ、愉しかった!

 今日は、甘いものは食さず。

 TICAD(アフリカ開発会議)が、横浜で開催される。

 またぞろサマータイム制度をこの国に導入しようとする動きが起こり始めている。
 エコたら環境たらとそれらしい理屈を並べちゃいるが、結局のところは、「先進国」の真似をしたいという猿真似根性の発露なのではないのか?
 少なくとも、地理的条件が異なるヨーロッパ発信のサマータイム制度をそのままこの国に持ち込むことに対して、僕は大きな違和感を覚える。
(だいたい、やるべきことをやろうとしない官僚や政治屋連中、さらには財界幹部が、こぞってサマータイム制度導入を推進しようとしていること自体、怪しくって仕方がない)

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-30 23:20 | CLACLA日記

軟禁は解かれたが…(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気から、徐々に青空へと変わる。

 気温は上昇せず。
 涼しい感じの一日だった。

 ある事情によって痛み止めの服用はやめるが(効き過ぎる薬は、それだけ…以下省略)、思ったほどの痛みにはあらず。
 もちろん、左足の腫れや痛みは残っているとはいえ。
(加えて、右膝の痛み・抵抗感も残っている)

 どうしてもすませておかなければならない用件があり、夕方外出する。
 ただし、普通の靴は履けず、以前お芝居のばらし用に買った「上履き」を「加工」(はさみで余分なところを切る)して用いる。
 普段なら、往復10分程度のところに、30分近くかかってしまった。
 やれやれ。

 『ひゃっけんもどき』の筆入れを開始する。

 今日は、メロンパンを食す。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-29 21:40 | CLACLA日記

幽閉状態?(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気。
 夜になって、雨が降り出した。

 むわっむしっとした感じが強く、あまり快ならず。

 足の不調(特に、左足親指の付け根の腫れがひどい)から、ほぼ「幽閉状態」にあった一日。
(夕方、ビニール袋で足を包んで、郵便受けまで夕刊などを取りに行っただけ。上記の腫れで、靴を履かないほうがよいと判断したのである=昨日、無理から靴を履いて失敗したので)

 と、言って、痛みにめげめげめげめげめげきっている訳にもいかず、何やらかにやらをいくぶんスローモーにこなしていく。

 『対論昭和天皇』を読了する。
 この間読み終えた、何冊かの新書のエッセンスのようなものを体現した作品のアイデアが浮かびつつあり。

 ギュンター・ヴァントの指揮したベートーヴェンの田園と運命、ムストネンの弾くゴッド・セイヴ・ザ・キング変奏曲、アーノンクールの指揮した雷鳴と電光、美しく青きドナウなどのCD録音を聴く。
 いずれも聴きたくなったので聴いた作品であり、演奏なり。

 『ひゃっけんもどき』の間引きを終え、打ち出しも行う。
 さあ、筆入れ地獄が待ってるぞ!

 今日の朝日新聞朝刊のテレビ欄を観て、恥知らずはいつまで経っても恥知らずだなあと痛感する。
 なぜなら、ワイドスクランブルという番組のところに、「安倍前総理激白!!辞任の真相と㊙野望」という言葉が並んでいたからだ。
 観ないでとやかく言うのはルール違反かもしれないけれど、内容云々以前にこうした「激白」という行為を行うこと自体が見苦しいし、全く「美しくない」と思う。
(真相を告白したければ、あと25年か30年待つべきなんじゃないのか? まあ、そんな年になるまで生きていて欲しいとは思わないが)
 いずれにしても、総選挙、ポスト福田を睨んだアフォーマンスの一語で、本当にうっとうしい。

 イージス艦衝突事故の漁船の父子の通夜がいとなまれた。
 深く、深く黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-28 23:09 | CLACLA日記

明けない夜はない(CLACLA日記)

 なんて、大げさかもしれないけれど、そういう風によい意味で構えていかないと、と思う今日この頃。
 もちろん、左足の親指の付け根やら右膝やらの症状が続いていることだけを言っているのではないので、そこのところはご了承のほどを。

 いいお天気、いい青空が続く。

 気温も上昇。
 暑い一日。
 ただし、部屋の中ならけっこう乾燥した風が吹いていたので、けっこう涼しくはあったが。
(どうしても二度外出しなければならない用事があったのだが、いつもならどちらも15分もあればすむことが、のろのろそろそろと歩いていたため30分から45分ほどもかかってしまった。ううむ)

 痛み止めが効いてだいぶん痛みが治まっていたので、洗濯をやっつけてしまう。
 ただ以前から予定していた大切な用件のほうはパスしなければならなくなった。
(加えて、明日の大切な用件もパスしてもらうことにする)

 『対論昭和天皇』を読み進める。

 夕飯後、フィリップ・ヘレヴェッヘの指揮する、モーツァルトのセレナード第12番のCD録音を聴く。
 どうしても、この曲が聴きたくなったため。
(そう言えば、一昨日旧い友だちが、偶然『題名のない音楽会』の一般から公募された人たちがプロのオケを指揮するという企画を観て僕なんかにはぴったりじゃないかと思った、と言ってくれていたが、もしその企画に「のる」なら、このセレナード第12番の第1楽章の冒頭か、『ドン・ジョヴァンニ』の序曲を振ってみたいなあと思う)

 ところで、佐渡さんの兵庫芸術センター管弦楽団(PAC)に対抗して、京都芸術センターも京都芸術センターチェンバーオーケストラでも設立すればいいのに。
 もちろん、こちらは芸大生を含めてプロじゃない人たちの集団となるだろうけどさ。
(団費を集めるかわりに、練習場や演奏会場=講堂を無料で提供し、プロの音楽家の懇切丁寧な指導が与える。加えて、稽古は市立芸大かどこかで専門的に指揮を勉強している人を選び出してやってもらう。ついでに団員は、小さなアンサンブルをつくって芸センでミニコンサートをやったり、路上ライブをやったりする…。しがらみだらけで無理か? いやいや、企画案でも芸センに提案してみるぐらいはやってみてもいいかも)

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-27 23:23 | CLACLA日記

おやすみなさい!(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空の一日。

 気温も上昇。
 暑い暑い。

 で、激しい痛みは今日も続いていた。
 右膝のほうは少し落ち着いてきたのだが、左足の親指の足の付け根の痛みがひどく。
 立ち上がる時、両方ともに衝撃が走るため、非常に怖い。

 あと、ここ数日間シャワーを浴びることができていないのも辛い。
 一応、髪は洗面台で洗い、濡れタオルで身体を拭いたりはしているものの。

 それと、掃除機をかけられず、浴室の掃除ができていないのも辛い。
(かろうじて、トイレの掃除はすませたが)

 ただ、今回のことで身をもって知ることの重みを再確認できたのはよかったと思っている。
 例えば、バリアフリーのお粗末さとか。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-26 22:56 | CLACLA日記

右も左も(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気が続く。
 夜から明け方ぐらいまで激しい雨も降っていた。

 気温はそこそこか。

 右膝の激しい痛みが続く。
 しかも、右を庇っていたせいで、今度は左足の親指の付け根あたりを捻ってしまった。
 右も左も痛い痛い。
 あまりのあまりさに笑う他ない。

 『対論昭和天皇』を読み進める。

 NHK・FMで、ドレスデン(ザクセン)州立歌劇場の『ばらの騎士』の来日公演のライヴ録音を第3幕の途中まで聴く。
 指揮はファビオ・ルイジで、彼のシャープな音楽づくりがドレスデンのオケと本当にぴったりか否かは置くとして、ドラマティックで流れのよい演奏だったとは思う。
 歌手陣では、オックス男爵のクルト・リドルの達者ぶりが印象に残った。
(森麻季は、確かに日本人歌手の中では高い水準にあるのかもしれないけれど、どうしても「不自然さ」を感じないではなかった)
 それと、第2幕の最後、まだ音楽が終わっていないのに、拍手が起こっていたなあ。
 てか、NHKホールみたいなところでオペラを上演しようってこと自体が…。

 旧い友だちから電話があり、2時間半ほど話しをする。
 個人誌『赤い猫』のことも少し話しをしたが、いずれにしても精神的に上向きになることができた。
 多謝。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-25 22:04 | CLACLA日記

痛み疲れ…(CLACLA日記)

 雨降り本降りの一日。
 梅雨入りかな?

 気温はそこそこ。
 じめじめじめじめとして、あまり快ならず。

 右足(膝)の激しい痛みが続く。
 早く痛みが治まってくれないものか。

 痛みからくるだるさもあり。

 夕方、買い物に出かけたが、雨もあって苦痛以外の何ものでもなかった。
 やれやれ。

 『対論昭和天皇』を読み進める。

 『ひゃっけんもどき』の間引きを行う。

 今日は、ピーナッツチョコレートを食す。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-24 21:47 | CLACLA日記

激しい痛みが、まだ続いている(CLACLA日記)

 午前中は陽の光が見えていたものの、どんどんどんよりとし始める。
 雨降りになるか?
 てか、そろそろ梅雨入りじゃないのかな。

 気温はさらに上昇。
 暑い一日だった。

 右足の激しい痛みは治まらず。
 特に、膝の痛みがひどい。
 で、今日も遠出はできず。
 買い物以外は、部屋で過ごす。
 早く痛みが治まらないものか。

 『愛国の作法』を読了し、原武史と保阪正康による『対論昭和天皇』<文春新書>を読み始める。

 『ひゃっけんもどき』の間引きを行う。

 夕飯後、NHK・FMのベスト・オブ・クラシック、小澤征爾指揮フランス国立管弦楽団のコンサートのライヴ録音を途中から聴く。
 ライヴ録音は、ベルリオーズの幻想交響曲だけを聴いたが、小澤征爾らしい、実に「聴きやすい」演奏だったと思う。
(演奏会場のシャンゼリゼ劇場の音響はあんまりよくなさそうだけど)
 なお、余った時間で、同じ組み合わせによる、ビゼーの『アルルの女』組曲第1番が放送されていた。

 個人誌『赤い猫』の今後の展開について少しだけ考える。

 『対論昭和天皇』を読み進める。

 今日は、あわしま堂のどら焼を食す。
 近くのスーパーで、2個税込み88円だったもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 またぞろ小泉某がはしゃいでいるようだ。
 諸悪の根源を問い詰めることもなく、ただただニュースの目玉扱いにするマスコミもマスコミだろう。
 度し難い。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-23 22:26 | CLACLA日記

激痛の続いた一日(CLACLA日記)

 いいお天気、いい青空が続いてる、と思っていたら、どんよりとした感じもちょっとずつ増してきたような。

 気温は上昇。
 暑い一日、だったみたい。

 右足、右膝の激痛が続く。
 一応痛み止めを服用しているのだが、右膝の痛みが全く治まらない。
 どうにもこうにも。
 早く痛みが治まらないものか。
(夕方、夕飯用の買い物に出かけたのだけれど、苦痛以外の何ものでもなかった)

 『ひゃっけんもどき』の間引きを行う。

 NHK・FMのベスト・オブ・クラシックで、佐渡裕指揮ウィーン放送交響楽団のコンサートのライヴ録音を聴き始めたのだが、ハイドンの交響曲第86番は、横綱一直線的な解釈とはいえ曲が大好きなだけに我慢がいったものの、続くなんたろのホルン協奏曲のバーンスタインばりのいちびりぶりがうっとうしく、ついつい途中下車してしまった。
 いずれにしても、体調不良時には辛いな、佐渡さんの演奏は。

 個人誌『赤い猫』に関して、ほんの少しだけ考える。
 動けなければ、動かない状態だ。

 『愛国の作法』を読み進める。

 今日は、ふわっとチョコレートケーキを食す。
 思ったほど美味しく…。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2008-05-22 22:03 | CLACLA日記