<   2010年 07月 ( 39 )   > この月の画像一覧

今日で7月も終わり(CLACLA日記)

 今日で7月も終わり。
 今年も、残すところあと5ヶ月となった。
 一日一日を本当に大切にしていかなければ。
 そして、メメントモリ!


 どんよりとした感じはありつつも、概ね晴天の一日。

 その分、気温も上昇し、暑さがとても厳しかった。
 やれやれ。


 昨夜は、企画関係と仕事関係の作業を進めたのち、2時59分に消灯する。

 暑さに加え、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠えたため、7時過ぎに目が醒める。
 腹立たしいかぎり。

 10時21分に起き、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけもすませる。

 企画関係の作業を進める。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 仕事関係の作業を進める。


 15時56分に外出し、まずは下京図書館へ。
 ニール・サイモンの自伝2『第二幕』<早川書房>を返却し、長谷川毅の『暗闘 スターリン、トルーマンと日本降伏』<中央公論新社>を新たに借りる。

 それから仕事関係の用件をいくつか片づけたのち、千本三条の卸売ひろばタカギやグルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、17時55分に帰宅した。


 帰宅後、7月の創作活動を総括し、仕事関係の作業を進める。

 夕飯後、ウラディーミル・アシュケナージ指揮ロイヤル・フィルが演奏したショスタコーヴィチの交響曲第8番他<DECCA>を聴きながら、『暗闘』を読み始める。
 「スターリン、トルーマンと日本降伏」と副題にあるように、『暗闘』は、太平洋戦争における日本の降伏と米ソ両国の関係を考察した一冊。
 ソ連に対し、これまで以上の力点が置かれている。

 今日も、甘いものは食さず。

 脚本家の寺内小春が亡くなった。78歳。
 『おていちゃん』や『はね駒』など、時代の変化の中で活躍する女性の姿を描いたテレビドラマの脚本を数多く執筆した。
 深く、深く、深く、深く黙祷。

 明日がいい日でありますように!
 そして、8月がいい月でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-31 22:13 | CLACLA日記

園佳也子が亡くなった(CLACLA日記)

 俳優の園佳也子が亡くなった。80歳。
 ドラマやキンチョー・サッサのコマーシャルなどテレビで活躍したほか、映画、舞台にも数多く出演した。
 実は、僕は子供の頃、園さんのかもし出すあの雰囲気があまり好きではなかったのだけれど、年齢を重ねるごとにその味というか、魅力にひかれるようになっていった。
 個人的には、『踊る大捜査線』の和久さんの原型とでも言いたくなるようないかりや長介演じる人情刑事が渋い、瀬川昌治監督の『ザ・フドリフターズのカモだ!!御用だ!!』における飲み屋のおかみさんのしっとりとした感じが強く印象に残る。
 一人暮らしの園さんは、自宅マンションの浴室で亡くなっていたと訃報には記されていた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 思い切りちゃぶ台をひっくり返したくなるときもある。


 昨夜は、ナイナイのオールナイトニッポンを聴きながら企画関係の作業を進めたのち、2時37分に消灯する。

 またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠えていたため、7時過ぎに目が醒め、1時間半ほど寝床の中で考えごとをする。
 なんだかなあ。

 二度寝後、10時44分に起きる。

 企画関係や仕事関係の作業を進める。


 17時8分に外出し、烏丸方面へ。
 ウィングス京都と京都芸術センターでいくつか用件を片づけ、大垣書店四条店で調べものをする。

 その後、グルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、18時27分に帰宅した。


 どんよりとした感じはありつつも、一応青空の見えた一日。

 気温が再び上昇し、暑さがとても厳しかった。
 やだやだ。

 夕飯後、リカルド・シャイー指揮ボローニャ・テアトロ・コムナーレ管弦楽団が演奏したロッシーニの歌劇『ラ・チェネレントラ』<DECCA>の第一幕を聴きながら、企画関係の作業を進める。

 夜になって、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬が吠えている。
 うっとうしいかぎり。

 今日は、甘いものは食さず。

 朝日新聞夕刊で、吉田恵輔監督の新作『さんかく』(大好きな田畑智子が出演)が紹介されていたが、そのシチュエーションに成瀬巳喜男監督の『めし』を思い出した。

 ぴあ関西版が休刊と。
 まあ、これも仕方ないだろうな。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-30 21:53 | CLACLA日記

最後の打ち合わせを行う(CLACLA日記)

 雨降り。
 じゃじゃ降りではないものの、それなりに雨が降る。
 が、夕方頃になって雨はやみ、青空が見えるようになる。

 気温がだいぶん下がり、少し過ごしやすい一日となる。
 ただし、外出後はエアコン(除湿)を入れてしまったが。


 昨夜は、企画関係の作業を進めたのち、2時32分に消灯する。

 7時過ぎと9時過ぎに、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けていたため、目が醒める。
 性懲りのない飼い主である。
 度し難し。

 10時34分に起きる。

 10時49分に外出し、グルメシティやダイソーなどで買い物をすませ、11時26分に帰宅する。

 企画関係の作業を進める。


 12時40分に外出し、歩いて河原町へ。

 高島屋で本多優之さんとおち合い、JEUGIA三条本店に行き、本多さんの買い物を手伝う。
 また、クラシック担当の山本恭士さんに本多さんをご紹介する。

 それから寺町の上島コーヒーに移動し、企画関係の打ち合わせ(今回の本多さんの京都滞在の総括)を行う。

 阪急の河原町駅まで本多さんをお送りしたのち、Avis、ブックオフを回ってから、再びJEUGIA三条本店へ。
 山本さんと少し話しをする。

 その後、京都芸術センターでいくつか用件を片づける。
(入口近くで、ニットキャップシアターのごまのはえさんを見かけ、あいさつをする)

 フレスコで夕飯用の買い物をすませ、17時44分に帰宅した。


 帰宅後、企画関係の作業を進める。

 夕飯後、ダニエル・ハーディング指揮ドイツ・カンマー・フィルが演奏したブラームスの交響曲第3番&第4番<Virgin>を聴きながら、企画関係の作業を進める。

 ニール・サイモンの自伝2『第二幕』<早川書房>を読了する。

 今日は、上島コーヒーでシュークリームを食す。
 本多さんにごちそうになったもの。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-29 21:47 | CLACLA日記

有意義な一日だった(CLACLA日記)

 どんよりとした感じはありつつも、お昼過ぎ頃まではなんとか青空が見える。
 が、その後は徐々に曇り出し、夕方頃には雨も降り出す。

 気温は少し下がったが、湿度が高くなったため、思ったほどには快ならず。


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、1時50分に消灯する。

 7時35分に起きる。


 8時38分に外出し、四条から地下鉄に乗り、烏丸御池で乗り換え、三条京阪で指揮者の本多優之さんとおち合い、椥辻へ。
 そこから歩いて京都橘大学まで行き、現在本多さんと進めているいくつかの企画に関し、小暮宣雄さん(教授)から非常に有意義なご助言をいただく。
 本当にありがとうございました。

 その後、学食で小暮さん、本多さん、学部生の子といっしょに昼ごはんをすませる。
 久しぶりの学食、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 小暮さん、さらに本多さんと別れ、しばらく橘大学の学生談話室で休息する。

 椥辻から、烏丸御池乗換で丸太町へ。
 本多さんとおち合ってから室町下立売のマリア書房に向かい、高野明子さんと3階ギャラリーでこれから進めていこうと考えている企画に関し、じっくり打ち合わせを行う。
 実に、有意義な時間をいただくことができた。
 本当にありがとうございました。

 それから、近くの播磨屋ステーション(フリーカフェ)で本多さんと軽く打ち合わせをし、堀川中立売の京都リサーチパーク町家スタジオへ。
 院生時代の後輩で町家スタジオとも深いつながりのある木原麻子さんの呼びかけで、京都リサーチパークの方々などと、Saccoさんこと中山咲子さんの美味しいケータリングのお料理をいただきながら、現在本多さんと進めている企画に関してご助言をいただいたり、町家スタジオでの積極的な活動(そこには、コミュニケーションの力を磨く場としての落語会なども含まれる)についてうかがったりする。
 これまた、実に有意義な時間をいただくことができた。
 本当にありがとうございました。

 それから、皆さんと別れ、フレスコ堀川五条店で買い物をしたのち、22時29分に帰宅する。

 今日は、橘大学の学食で、プリンを食す。
 税込み100円だったもの。
 手作りのプリンで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 千葉景子法務大臣が、死刑囚二人の死刑を執行した。
 死刑執行そのものには、いろいろと考えることはあるものの、死刑執行に千葉法務大臣自ら立ち会ったという点に関しては、これまでの僕の持論と重なるものであり、基本的には賛意を示したい。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-28 23:28 | CLACLA日記

企画関係でお昼過ぎから出かけた(CLACLA日記)

 晴天。
 今日も晴天。
 いいお天気、いい青空なり。

 気温もぐぐっと上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 汗をかき過ぎないよう注意しておかないと。
 水分をきちんと補給するよう注意しておかないと。


 昨夜は、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係と企画関係の用件を進めたのち、2時43分に消灯する。

 7時過ぎにまたぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続け、目が醒める。
 その後2時間近く寝直せず、ようやく二度寝しようとしたところで、犬がやかましく吠え始め、飼い主の女性の「うるさい」という声が聞こえてきたのにかっとなり、大きな声で叱りつける。
 「うるさい」と犬を叱る前に、窓を開けっ放しにする自分自身がまずおかしいだろう、どういう神経をしているのか、これでは吠えてる犬がかわいそうだ、と。

 10時11分に起きる。

 企画関係の作業を進める。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 14時3分に外出し、企画関係の打ち合わせや夕食会を行い、指揮者の本多優之さんと簡単な打ち合わせを行ってから、22時19分に帰宅する。
 いろいろな方のご協力とご助言があってこその企画だと痛感する。
 皆さん、本当にありがとうございます。

 帰宅後、企画関係の作業を進める。

 今日も、甘いものは食さず。

 明日もまた打ち合わせや夕食会など、企画関係のあれこれが目白押しだ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-27 23:51 | CLACLA日記

烏丸まで打ち合わせに出かける(CLACLA日記)

 今日もまた、いいお天気、いい青空となる。
 晴天なり。

 そして、気温もぐんぐん上昇し、暑さがとても厳しい一日。
 いやあ、たまりませんなあ。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時41分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局3時半過ぎだった。

 暑さと真向かいのマンションの飼い犬の吠え声(どうしようもない、飼い主が)で、7時過ぎに目が醒め、寝床の中で1時間半ほど考えごとをする。

 なんとか二度寝し、11時8分に起きる。

 企画関係の作業を進める。

 ニール・サイモンの自伝2『第二幕』<早川書房>を読み進め、33の「ジェフ」まで読み終える。

 企画関係の作業を進める。


 14時22分に外出し、烏丸通で指揮者の本多優之さんとおち合い、ウィングス京都の「ふくすけ」へ。
 16時近くまで、企画関係の打ち合わせを行う。

 本多さんと別れたのち、京都芸術センターに寄っていくつか用件を片づける。

 それから、千本三条の卸売ひろばタカギとグルメシティなどで夕飯用の買い物をすませ、17時14分に帰宅した。


 外出中、ひどく汗をかいたため、帰宅後すぐにシャワーを浴びる。

 企画関係の作業を進める。

 夕飯後、ロジャー・ノリントン指揮ロンドン・クラシカル・プレイヤーズが演奏した初期ロマン派序曲集<EMI>を聴きながら、『第二幕』を読み進め、37の「グッバイ、『グッバイガール』」まで読み終える。

 今日は、ブルボンのプチ・チョコを食す。
 タカギで、税込み51円になっていたもの。
 小ぶりなチョコビスケットで食べやすく、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-26 21:43 | CLACLA日記

寝不足なり(CLACLA日記)

 今日は、オフの日。


 晴天。
 どんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空の一日となる。

 その分気温も上昇し、暑さがとても厳しい。
 もう少ししのげるかと思ったが、やっぱり暑かった。
 やれやれ。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時27分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ったのは結局4時近くなってからだった。

 暑さに加え、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬が吠え続けていたこともあって、7時台に目が醒める。
 なんとか寝直そうと思ったが、犬は吠えるわ、近所で改築工事が始まるわでやかましく、ついに諦め、10時ちょうどに起きる。

 企画関係の作業を進める。

 11時2分に外出し、グルメシティで買い物をすませ、11時24分に帰宅する。

 リナルド・アレッサンドリーニ指揮ノルウェー国立歌劇場管弦楽団が演奏したモーツァルトの序曲集<naïve>を聴きながら、企画関係の作業を進める。

 続けて、ジョシュア・リフキン指揮カペラ・コロニエンシスが演奏したモーツァルトのセレナード第9番「ポストホルン」&交響曲第32番<CAPRICCIO>を聴きながら、ニール・サイモン自伝2『第二幕』<早川書房>を読み進め、25の「おかしな女たち」まで読み終える。

 企画関係の作業を進める。

 その後は、寝不足もあってついついだらだらしてしまう。
 ただし、犬や改築工事がやかましかったため、昼寝をすることはできなかったが。

 17時50分に外出し、グルメシティとフレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時23分に帰宅する。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、『第二幕』を読み進め、27の「両岸に架ける恋」まで読み終える。

 今日は、甘いものは食さず。

 寝不足で、どうにも頭が働かず。
 ああ。

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-25 21:49 | CLACLA日記

くわばらくわばら(深夜のCLACLA)

 17時14分に外出する。

 近くの金券ショップ・トーカイ四条大宮店で市バスの回数券を購入したあたりで、雷鳴が轟くや否や、ドンゴゴゴーンと近くの避雷針(?)に雷が落ちる。
 くわばらくわばら。
 荒れ狂う雷を恐れつつ、207号系統の市バスに乗ったとたん、降るわ降るわ、じゃじゃ降りの土砂降り。
 しかも、今日は祇園祭の行事のため四条通は通行止めで、五条通迂回とやらで大混雑。

 ようやく雨が小降りになってきたのを見極めて、河原町五条でバスを降り、そこから歩いて東山青少年活動センターへ向かう。

 と、ちょうど入口に近づいたところでタクシーが止まり、指揮者の本多優之さんが降りて来た。

 で、それから、東山青少年活動センターの創造活動室で広田ゆうみ+二口大学の『いかけしごむ』(別役実作、広田ゆうみさん演出)を観る。
 詳しくは、前回の記事をご参照のほど。

 終演後、出演者の二口大学さん、広田さん、藤原大介さんと、伊沢はるひさんに本多さんをご紹介したほか、川上明子さんや清水忠文さんとご挨拶をする。

 その後、買い物をし、本多さんの滞在先で夕飯をとりながら、今後の企画に関する打ち合わせを行う。

 22時過ぎに本多さんと別れ、22時58分に帰宅した。
 雨は東山に着いた頃には上がり、帰りがけにはきれいな月が見えていた。

 今日は、函館のペイストリー・スナッフルズのチーズオムレット(スフレ)を食す。
 本多さんにごちそうになったもの。
 チーズの風味がよくきいた口どけの柔らかい上品な甘さの小ぶりなスフレで、実に美味しうございました。
 ごちそうさま!

 以上、7月24日の外出後の日記。


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-07-25 00:47 | CLACLA日記

広田ゆうみ+二口大学『いかけしごむ』

 今からもう11年以上も前、別役実の作品を継続して取り上げるという、小さなもうひとつの場所の第1回公演『あーぶくたった、にいたった』を観たが、そのとき別役作品の世界観によく沿った広田ゆうみさんの演技が、僕には強く印象に残った。
(それなのに、それから11年以上も広田さんが演じた別役作品を観ていないのだから、我ながら本当にどうしようもない)

 そして、それからしばらくして、今度は京都の小劇場界の選抜メンバーが京都芸術センターのフリースペースで『あーぶくたった、にいたった』を演じる企画があったのだが、そのときもっとも別役作品の世界観を的確に表わしていると思った演者が二口大学さんだった。

 そんな広田さんと、そんな二口さんが、別役実の『いかけしごむ』を演じる(しかも、演出は広田さん)というので、迷わず東山青少年活動センターの創造活動室まで足を運んだ。

 明日まで公演が続いているから詳細については避けるが(本当は題名だって記したくないくらい!)、丁々発止に噛み合い噛み合わぬ台詞のやり取りを笑っているうちに、どんと足をすくわれるという、まさに別役実らしい展開で、実に小気味よくて小気味よくない(誉め言葉)作品。

 広田さんの演出は、そうした作品の持つ性質を、奇をてらわず、シンプルでストレートに表現していたと思う。

 演技の中心は、広田さんと二口さんだったが、テンポよく進むところどころに、よい意味で個々の特性の違いが垣間見え、そうしたしのぎの削り合いが登場人物とうまく重なっていた点も、個人的には非常に面白かった。
 また、最終盤に藤原大介さんが重要な役割を持って登場した。
(そうそう、広田さんは手相観のシーンがとてもチャーミングだ)

 なお、美術協力は川上明子さん、音響・照明協力は山口浩章さん。

 いずれにしても、広田さんと二口さんが演じる別役実作品を、これからもどんどん観ていきたいものだ。
 『あーぶくたった、にいたった』はいつになるのかな?
[PR]
by figarok492na | 2010-07-25 00:37 | 観劇記録

今日も暑いなあ(CLACLA日記)

 どんよりとした感じは増したものの、それでも青空の見えるお天気。

 連日の猛暑。
 暑さがとても厳しく、とても激しい。
 やれやれ。


 昨夜は、企画関係の作業を進めたのち、2時52分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ったのは結局3時半を過ぎてからだった。

 暑さに加え、またぞろ真向かいのマンションの飼い犬がやかましく吠え続けていたこともあり、7時台に目が醒める。
 二度寝しようと努力したが、暑いやらやかましいやらで適わず、9時57分に起きてしまう。

 で、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。

 10時1分に外出し、ダイソーなどで買い物をすませて、10時44分に帰宅する。

 帰宅後、掃除機かけをすませる。

 仕事や企画関係の作業を進める。

 正午過ぎに、浴室とトイレの掃除をすませる。

 ニール・サイモン自伝2『第二幕』<早川書房>を読み進め、20の「アイルランドとサンタフェと忘却の彼方」まで読み終える。

 企画関係の作業を進める。

 真向かいのマンションの飼い犬が断続的に吠えている。
 やかましいかぎり。

 今夜は、東山青少年活動センターまで広田ゆうみ+二口大学の『いかけしごむ』を観に行く予定。
 と、言うことで、そろそろ外出の準備を始めます。
 それじゃあ、行って来ます!
[PR]
by figarok492na | 2010-07-24 16:36 | CLACLA日記