<   2010年 09月 ( 44 )   > この月の画像一覧

中比良真子の作品展を観た(CLACLA日記)

 菅改造内閣の閣僚を夕刊で知ったが、その顔触れたるやなんともかとも。
 まるで自民党最盛期の閣僚人事を思い出すような面白みのなさだ。
 しかも、外務大臣にはアメリカへの親密な姿勢が顕著な前原誠司国土交通大臣が横滑りするというのだから、今後の展開は推して知るべしである。
 僕は、この内閣を支持することはできない。


 晴天。
 いいお天気、いい青空が続く。

 その分気温も上昇し、昨日ほどには涼しさを感じず。
 それでも、めっきり秋らしくなってはきたが。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時24分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時をだいぶん過ぎてからだったが。

 10時33分に起きる。

 企画関係の連絡作業を行い、仕事関係の作業を進める。

 13時台に、浴室とトイレの掃除をすませる。

 ヴァーツラフ・ノイマン指揮チェコ・フィルが演奏したマーラーの交響曲第9番<ポニー・キャニオン>を聴きながら、『200CD指揮者聴き比べ!』<立風書房>を読み進めたり、中山可穂の『悲歌(エレジー)』を読み進め、読了したりする。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。


 16時55分に外出し、京都芸術センターへ。
 いくつか用件を片づける。

 それから文椿ビルヂングに移動し、2階neutron kyotoのギャラリーで、中比良真子展『Stars on the ground』を観る。
 黒と白とのコントラスト、黒と白とのあわい、黒の多様さを活かして街の夜景を描いた作品に、とても満足する。
 これは、足を運んで大正解だった。
 もう一度観に行くかもしれない。

 その後、大垣書店烏丸三条店で調べものをし、やまや烏丸御池店でトムヤムクンスープのインスタントラーメン(前々から食べたかったもの)を見つけ思わず購入し、再び京都芸術センターに寄り、グルメシティで夕飯用の買い物をすませて、18時16分に帰宅した。


 エイチエムピー・シアターカンパニーの高安美帆さんから、AI・HALLでの公演『Politics!』(岸田理生原作、笠井友仁さん演出・美術、樋口ミユさんパタンナー/10月14日~17日)の案内の封書が届く。
 精神的物理的な余裕があれば、ぜひ。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、ウラディーミル・フェドセーエフ指揮モスクワ放送交響楽団が演奏したショスタコーヴィチの交響曲第5番&第6番<ポニー・キャニオン>を聴きながら、福永文夫の『占領下中道政権の形成と崩壊』<岩波書店>を読み始め、第1章の「GHQと日本の政党」まで読み終える。
 「GHQ民政局と日本社会党」と副題にあるように、『占領下中道政権の形成と崩壊』は、太平洋戦争の日本敗戦後、アメリカによる占領下の日本の政治体制、特に片山・芦田両中道政権に関して、GHQ民政局と日本社会党を視座の中心に置きつつ考察した一冊。
 なお、福永文夫は、僕の愛読書『大平正芳』<中公新書>の著者でもある。

 続けて、『200CD指揮者聴き比べ!』を読み進める。

 今日は、サンローゼの神戸スウィーツ・神戸純生ロールを食す。
 グルメシティで、半額引き、税込み64円だったもの。
 生クリームたっぷりの、と言うより、生クリームがメインのロールケーキ(ケーキは申し訳程度)で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-17 22:03 | CLACLA日記

大阪センチュリー交響楽団の日本センチュリー交響楽団への改名を知って

 さる9月12日、大阪センチュリー交響楽団のコントラバス奏者奥田一夫さんが亡くなられた。
 コンサートは別にして、僕自身、奥田さんと直接お目にかかる機会はほとんどなかったが、そのお人柄とオーケストラにかける熱意については、友人知己から幾度となく耳にしていた。
 まだ57歳での死。
 深く、深く、深く、深く、深く黙祷である。
(奥田さんがマウンテンバイクを運転中に事故で亡くなられたことを知ったとき、僕はすぐに、日本フィル事務局におられた中島賢一さんのことを思い出した。演奏者と事務方の違いはあったにせよ、お二人ともオーケストラをこよなく愛された方たちだったと思う)


 ところで、奥田さんが所属されていた大阪センチュリー交響楽団が来年4月から日本センチュリー交響楽団に名前を変えるということが、今朝の朝日新聞朝刊に報じられている。
 橋下大阪府知事の「改革」の名の下、大阪センチュリー交響楽団への補助金が打ち切られる中、なんとか楽団の生き残りをはかった結果が、今回のこの改名なのだろう。
 名称その他、様々に考えることはあるのだが、まずは大阪センチュリー交響楽団改め、日本センチュリー交響楽団の今後の活動を、一人のオーケストラファンとして応援していきたいと考える。


 ただ、「将来は76人編成への拡大を目指す」というオーケストラの目標に対しては、やはりどうしても疑問が残る。
 朝日新聞の記事にもあるように、センチュリー交響楽団の持ち味は、「55人編成と小規模だが、精密で透明度の高いアンサンブル」というところにあるのではないか。
 プログラムによって編成が拡大すること、エキストラを入れることは当然仕方ないとしても、何ゆえ常時76人の編成を目指さなければならないのだろう。
 もしそれが、前々からの発言の通り、現音楽監督小泉和裕さんの強い意志によるもので、彼がギャラの多くを返上し、この日本センチュリー交響楽団と心中する覚悟でそれを目指すというのであれば、僕はそれはそれで大いに納得するところであるが。
(オーケストラにかぎらず、自らが率先して何かを為そうとする場合は、その何かと心中するぐらいの覚悟、もしくは最後の最後になってちゃぶ台をひっくり返すぐらいの覚悟がなければ事は為せない、逆に言えば、ちょっとしたことで逃げを打つようでは事は為せない、と最近僕は強く思う。もちろん、これは僕自身の自省の言葉であるのだけれど)
[PR]
by figarok492na | 2010-09-17 12:08 | クラシック音楽

結局、遠出はせず(CLACLA日記)

 少しはどんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空になる。

 気温もだいぶん下がり、涼しい感じの一日だった。
 このまま秋らしくなってくれるのか。
 まあ、9月ももう16日だしね。


 菅内閣の改造で、小沢一郎を推した原口一博総務大臣の後任に、片山善博前鳥取県知事が取り沙汰されているらしい。
 正直、なんだかなあと口にするほかない。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時47分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時近くなってからだった。

 胃腸の調子がおかしく、5時台に目が醒め、1時間半ほど苦しむ。
 ああ。

 10時46分に起きる。

 企画関係の連絡作業を行う。

 仕事関係の作業を進める。

 アンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスのオペラからの管弦楽曲集<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、『200CD指揮者聴き比べ!』<立風書房>と中山可穂の『悲歌』<角川書店>を読み進める。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 17時14分に外出し、フレスコとファミリーマート四条大宮店で夕飯用の買い物をすませ、17時50分に帰宅する。
 ファミリーマートでは、週刊文春の小林信彦の連載エッセイ(だけ)を立ち読みした。
 今回も、最近の日本語の問題について詳しく語られていた。

 結局、遠出はせず。

 帰宅後、クラウディオ・アバド指揮マーラー・チェンバーオーケストラが演奏したブラームスのセレナード第1番<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、いくつか雑件を片づけたり、『悲歌』を読み進め、『定家』を読み終えたりする。

 夕飯後、マリア・ジョアン・ピリスが弾いたシューベルトのピアノ・ソナタ第21番他<ERATO>を聴きながら、『悲歌』と『200CD指揮者聴き比べ!』を読み進める。

 仕事関係の作業を進める。

 最近創作活動がとどこおりがちである。
 与えられた人生は一回きり。
 一日一日を大切にしていかなければ。

 今日は、日清シスコのチョコフレークを少し食す。
 昨日の残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-16 21:43 | CLACLA日記

雨降りになる(CLACLA日記)

 どんよりとしたお天気の一日。
 雨降りとなる。

 その分、気温はあまり上昇しなかったが、湿度が高いため、それほどには快ならず。


 大阪地検が、厚生労働省の村木厚子元局長の控訴を断念したと報じられている。
 検察側が馬鹿な面子にこだわらなかったのは、本当に何より。
 と、言うか、本来ならば控訴しないのが当たり前のことなのだけれど。


 民主党代表選の終了を受けて、民主党の役員、並びに内閣の改造が行われるそうだ。
 で、枝野幹事長は退任するものの、仙石官房長官は留任と。
 先日報道されたスキャンダルはいったいなんだったんだろう。
(そういえば、菅直人圧勝といった報道がなされているみたいだけれど、実際の得票数を見るかぎり、それほど大差とは言えないような気がするのだが)


 昨夜は、爆笑問題カーボーイを聴きながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時4分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは4時を過ぎてからだった。

 7時過ぎに目醒め、NHK・FMで、ピアノのミスチスラフ・ホルショフスキの弾くシューマンの蝶々、カール・ベーム指揮ウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第7番を聴いたりしながら、2時間ほど仕事関係の作業を進める。

 二度寝をしてしまい、気がつけば12時4分。
 ああ。

 仕事関係の作業を進めたり、企画関係の連絡作業を行ったりする。

 ウィーン・フィルの管楽器奏者とアンドレ・プレヴィン指揮ウィーン・フィルが演奏したリヒャルト・シュトラウスのオーボエ協奏曲、ホルン協奏曲第1番&第2番他<ドイツ・グラモフォン>を聴きながら、新しい小説の下書きとノート書きを始めてみる。
 キャンパスノート、2ページ分ほどになった。


 16時12分に外出し、下京図書館へ。
 池内紀の『地球の上に朝がくる』<河出書房新社>、高平哲郎の『由利徹が行く』と『それでも由利徹が行く』<ともに白水社>を返却し、予約しておいた『200CD指揮者聴き比べ!』<立風書房>、中山可穂の『悲歌(エレジー)』<角川書店>、福永文夫の『占領下中道政権の形成と崩壊』<岩波書店>を新たに借りる。

 移動中、ワンダリングパーティーの高杉征司さんに声をかけられ、あいさつをする。
 ここのところ、全くワンパの芝居を観に行けてない。
 どうにも申し訳ない。

 京都芸術センターでいくつか用件を片づける。

 大垣書店四条店で調べものをしたほか、『オール讀物』9月号の高峰秀子に関する記事を「座り読み」する。

 その後、グルメシティとフレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時4分に帰宅した。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、ファジル・サイが弾いたモーツァルトのピアノ作品集<WARNER>を聴きながら、仕事関係の作業を進めたり、『悲歌』を読み始め、『隅田川』を読み終えたりする。

 続けて、『200CD指揮者聴き比べ!』も読み始める。
 立風書房の200CDシリーズのうちの一冊。
 2002年4月の第1刷発行だが、8年以上も買いそびれたままだったもの。

 NHKの衛星第2で『ポワロ』の放映をやっていることを知る。
 この『ポワロ』というのは、昔地上波で放映されていたデヴィッド・スーシェ主演のものだろうか。
 だったら、なんとしてでも観たいな。
 それも、熊倉一雄のポワロと富山敬のヘースティングス、坂口芳貞のジャップ警部という吹き替え版で。

 夜になっても雨が降っている。

 あれこれ重なって、けっこう疲弊する。
 ふう。

 今日は、日清シスコのチョコフレークを食す。
 フレスコのセールで、税込み88円だったもの。
 いわゆるオーソドックスなチョコフレークで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-15 22:13 | CLACLA日記

山元清多さんが亡くなった(CLACLA日記)

 劇作家で演出家の山元清多さんが亡くなった。71歳。
 劇団黒テントやオペラシアターこんにゃく座などで活躍したほか、『ムー一族』をはじめとしたテレビドラマのシナリオでも知られた。
 直接お目にかかったのは、確か黒テントの大阪城公園での公演『隠し砦の肝っ玉』が最後ではなかったか。
 深く、深く、深く、深く黙祷。
(山元さんが『佐賀のがばいばあちゃん』のシナリオを手掛けていたことは、朝日新聞朝刊の訃報で初めて知った)


 民主党代表選が行われ、現職の菅直人(首相)が小沢一郎に勝利した。
 まあ、いわゆる庶民の負担増やアメリカの主張に従うような政策を進めたのち、主要閣僚のスキャンダルが発覚、世論調査での支持率が急激に低落する中、菅内閣は衆議院の解散総選挙に追い込まれ、結果、自民党やみんなの党、民主党の一部による連立政権が誕生するという筋書きも考えられるのではないか。
 いずれにしても、あまり希望の持てる結果ではない。
(小沢一郎を積極的に支持するわけじゃないけど)


 今日、企画関係の作業を行う中で、あるおめでたい話を知る。
 本当におめでとう!!!


 青空は見えつつも、どこかどんよりとしたお天気になる。

 その分、気温はそれほど上昇せず。
 涼しさを感じる一日で、日中夕方ともにエアコンを入れずにすむ。


 昨夜は、伊集院光の深夜の馬鹿力を聴きながら仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、3時ちょうどに消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、結局眠ることができたのは3時半をだいぶん過ぎてからだった。
(今頃になって気づいたが、MBSの長澤まさみのスイートヘルツは、もともと2時半からスタートする番組だった。この前聴くことができたのは、たまたま野球中継のせいか何かで番組の開始が遅れていたからなのである)

 10時45分に起きる。

 仕事関係の作業を進め、企画関係の連絡作業を行う。

 途中、14時台に浴室とトイレの掃除をすませたほか、高平哲郎の『それでも由利徹が行く』<白水社>を読み進め、『台本(ほん)』まで読み終える。
 そういえば、由利さんは『ムー一族』に出演していたんだった。

 17時9分に外出し、千本三条のローソンストア100と卸売ひろばタカギ、フレスコで夕飯用の買い物をすませ、18時ちょうどに帰宅する。
 本当は京都芸術センターまで行くつもりにしていたのだが、結局行きそびれてしまった。

 帰宅後、いくつか雑件を片づけたり、企画関係の作業を進めたりする。

 夕飯の間も、企画関係の連絡作業を行う。

 夕飯後、フォルテピアノのロバート・レヴィン、ヴァイオリンのヴェラ・ベス、チェロのアンナー・ビルスマが演奏したハイドンのピアノ3重奏曲集<SONY>を聴きながら、『それでも由利徹を行く』を読み進め、読了する。
 『由利徹が行く』と『それでも由利徹が行く』は、小劇場関係者も一度目を通しておいて損はないのではないか。

 仕事関係の作業を進め、企画関係の連絡作業を行う。

 今日は、東ハトのハーベスト・スイートポテトの残りと、グリコの華いちごを食す。
 華いちごは、タカギで税込み51円だったもの。
 パフを練り込んだ苺入りチョコレートで、ハーベストともども、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-14 23:42 | CLACLA日記

由利徹に親しむ今日この頃(CLACLA日記)

 晴天から曇天へ。
 天気予報によると、明日も雨降りにはならなさそうだが。

 気温が少し下がり、いくぶんすごしやすい一日となる。
 それでも、日中はエアコンを入れてしまったが。


 フランスの映画監督、クロード・シャブロルが亡くなった。80歳。
 いわゆるヌーベルバーグを代表する監督の一人で、ミステリの手法を巧みに利用したという印象が強い。
 個人的には、やはり『いとこ同志』か。
 深く、深く、深く、深く黙祷。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時52分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだったが。

 10時31分に起きる。

 企画関係や仕事関係の作業を進める。

 マティアス・バーメルト指揮ロンドン・フィルが演奏したパリーの交響曲第5番他<CHANDOS>を聴きながら、高平哲郎の『由利徹が行く』<白水社>を読み進めたり、仕事関係の作業を進めたりする。

 『由利徹が行く』を読了し、続けて、同じく高平哲郎の『それでも由利徹が行く』<白水社>を読み始める。
 由利さんもまた、「含羞の人」であったことがよくわかった。

 仕事関係の作業を進めたり、企画関係の連絡作業を行ったりする。

 18時2分に外出し、グルメシティ、フレスコ、ダイソーで夕飯用の買い物をすませて、18時39分に帰宅する。
 一昨日昨日と遠出をしたこともあり、今日は夕方の買い物以外はあえて出かけないことにした。

 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、モッツァフィアート&ラルキブデッリが演奏したハイドンのナポリ王のための8つのノットゥルノ<SONY>を聴きながら、『それでも由利徹が行く』を読み進め、『勲章』まで読み終える。
 『それでも由利徹が行く』は、『由利徹が行く』(初版)の刊行から約15年後に行われた聞き書きをまとめたものである。

 京都市図書館のインターネットサービスで、矢野誠一の『舞台人走馬燈』<早川書房>、福永文夫の『占領下中道政権の形成と崩壊』<岩波書店>、中山可穂の『悲歌(エレジー)』<角川書店>、『200CD指揮者聴き比べ!』<立風書房>を予約しておく。

 仕事関係の作業を進める。

 やるべきことをしっかりやっていかなければ。

 今日も、東ハトのハーベスト・スイートポテトを食す。
 昨日の残りなり。
 なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-13 22:12 | CLACLA日記

短く切りすぎたか…(CLACLA日記)

 晴天。
 少しどんよりとした感じはありつつも、いいお天気、いい青空が続く。

 気温もそれなりに上昇し、暑さが厳しい一日となる。
 ひところに比べれば、だいぶんましになったとはいえ。


 昨夜は、帰宅後雑件を片づけたり、いろいろと作業を進めたりしていて、消灯が結局5時になってしまう。

 7時過ぎに一度目が醒め、1時間ほど考えごとをする。

 その後二度寝をし、気がつけば12時29分。
 ああ。

 12時35分に外出し、スギ薬局へ。
 が、すでにセールのお米は売り切れており、すごすごとスギ薬局をあとにする。
 12時48分に帰宅。

 ブログなどに、昨晩のてんこもり堂第3回公演『ESCAPE』の観劇記録をアップする。

 高平哲郎の『由利徹が行く』<白水社>を読み進め、3の「兵隊時代」まで読み終える。
 いわゆる「懺悔的」な回想ではない分、戦争の実態が生々しく語られているように感じた。


 15時57分に外出し、歩いて河原町へ。

 で、錦小路のプラージュで髪を切ってもらう。
 ああ、すっきりした!
 と、言うより、あまりにも短くなりすぎたのでは…。

 錦天満宮でご神水をいただいたあと、Avis、ブックオフ、JEUGIA三条本店などをのぞく。

 その後、寺町通のルプリュ、六角通のローソンストア100、烏丸通のフレスコなどで夕飯用の買い物をすませ、18時26分に帰宅する。
 汗びっしょりとなった。


 帰宅後、いくつか雑件を片づける。

 夕飯後、企画関係と仕事関係の作業を進めたり、今後の創作活動について考えたりする。
 何かを書きたいという意欲ばかりが先走っている感じだ。

 『由利徹が行く』を読み進め、6の「『お昼の演芸』-脱線トリオ全盛時代」まで読み終える。
 いなくなって改めてその存在の貴重さを感じさせるという人がいるが、由利徹もまたそんな一人だったと思う。

 ところで、最近CDの記述があまりないので、音楽を聴いていないように思われるかもしれないが、実はネット(アマゾンなど)のシステムでクラシック音楽のCDの音源の試聴を続けているのである。
 CDに比べれば、当然音質的にはだいぶん落ちるが、様々な録音を愉しむことができるので嬉しい。

 余談だけれど、クラシック音楽(だけではないかな)のCDのフルプライス盤(初出盤)を基本的に集めることにした場合、どうしても廃盤コレクターにならざるをえないような気がする。
 なぜなら、人気のあるCDはいずれミドル・プライスやバジェット・プライスのシリーズに移行することになるだろうし、人気のないCDは短い期間で廃盤になってしまうからだ。

 今日は、東ハトのハーベスト・スイートポテトを食す。
 フレスコのセールで、税込み88円だったもの。
 スイートポテト風味がよくきいたハーベスト(薄焼きビスケット)で、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!

 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-12 22:13 | CLACLA日記

てんこもり堂第3回公演『ESCAPE』

 三度目の正直、ならぬ三度目の如月小春。
 てんこもり堂の第3回公演『ESCAPE』(如月小春原作、藤本隆志さん構成・演出)を、アトリエ劇研まで観に行って来た。

 『ESCAPE』は、1990年に書かれた作品で、かつて実際にあった事件(同じ事件を題材に、これよりもだいぶん前に山崎哲が戯曲化しているはず)をストーリーの根本に置きつつ、当時進行中だったバブル・拝金主義を痛烈に批判し、なおかつそうした環境の中で生きていかざるをえない人々の孤独や葛藤を映し出した、切実で痛切な内容となっている。
 戯曲の構成や台詞の端々に「時代性」を感じるものの、ここで描かれている事でもは、充分現代にも通用するものではないか。
 僕は、如月小春という人の先見性に改めて感心させられた。

 で、藤本さんがそうした『ESCAPE』を、「性」よりも「生」を重視しながら(その意味で、僕は、主要な登場人物の一人を中性的な雰囲気の強い金乃梨子さんに演じさせたことは適切だったと思う)、演者陣の身体表現や音楽などを効果的に利用することで騒(躁)と静の違いを際立たせ、スタティックに、しかもわかりやすく表現しようとした、その演出意図を汲み取ることはできた。

 ただし、そうした藤本さんの意図が実際の舞台上で十全に再現されていたとは、残念ながら僕には言い難い。

 福田英城君、廣瀬信輔君、福井俊哉君ら若手男性陣の健闘もあって、冒頭のシーンでは面白いものが始まりそうだなというわくわくするような感じを抱いたものの、その後場面(特に、ドメスティックで内面性が重視される場面)が変わるたびに、流れが悪いというか、テンポがしっくりこないというか、一つ一つの仕掛けがしっかり機能していないもどかしさをどうしても払拭することができなかった。

 一つには三ステージ目ということもあって、演者のだれもあっただろうし、逆に、様々な段取りを追わなければならないという演出上の問題(細部の粗さ)も指摘することができるだろうが。
 いずれにしても、僕の観た回(土曜夜)に限っては、主要な登場人物を演じる演者の演技が上滑りをしているというか、如月さんのテキストの持つ切実さや痛切さがほとんど感じられなかった。
(この点に関しては、演出の藤本さん、演者陣ともに、その根本的な原因について、物理的精神的な両面で率直な意見を交換してもらいたいと強く思う)

 最後に、アフタートークで杉山準さんが「今後も如月小春の作品を上演していくか」といった趣旨の質問を行っていたが、これは藤本さん本人にも話したことなのであえて記すのだけれど、藤本さんやてんこもり堂の面々は、如月小春の作品を上演するのにあえてワンクッション置いたほうがいいのではないかと、僕は考える。
 なぜなら、藤本さんの演出者としての狙いや方向性がはっきりとしたものになる中で、如月さんのテキストの持つ世界観と藤本さんのそれとの違いが一層明らかになってきたように、僕には感じられるからだ。
(と、言っても、藤本さんの演出と如月さんの世界観が全く合わないと言いたいわけではない)

 藤本さんとてんこもり堂の面々の今後の大きな課題は、自分たちにとってより相応しく、より効果を発揮できるテキストはなんなのかを見つけ出すことではなかろうか。
 その点からも、僕はてんこもり堂のこれからの活動に注目していきたい。


 なお、西塔友美さんが体調不良のため急遽出演できないということになった。
 そのことを最後に付記しておきたい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-12 15:07 | 観劇記録

外出後の日記(深夜のCLACLA)

 16時59分に外出し、近くの金券ショップでバスの回数券を買ってから、市バスで下鴨東本町へ。

 近くのCOOPでパンを購入してから、アトリエ劇研へ行き、受付開始前にパンを食す。

 で、アトリエ劇研で、てんこもり堂第3回本公演『ESCAPE』(如月小春原作、藤本隆志さん構成・演出)を観る。
 詳しくは、次回以降にアップする予定。
 しばらくお待ち下さい。

 開演前終演後に、藤本さんや金乃梨子さんら出演者の面々と立ち話をしたほか、杉山準さんや田辺剛さん、大熊ねこさん、同じ回を観に来ていた豊島由香さんら関係者の方々とあいさつをしたり話しをしたりする。

 その後、夕飯をすませたりなんだりしていて、23時59分になって帰宅する。


 今日は、甘いものは食さず。

 以上、9月11日の外出後の日記。
(あえて、今年は9月11日のことについては記さなかった)


 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2010-09-12 01:18 | CLACLA日記

谷啓が亡くなった(CLACLA日記)

 谷啓が亡くなった。78歳。
 ハナ肇とクレージーキャッツの一員としてテレビや映画で大活躍した。
 特に、おなじみ「ガチョーン」をはじめとした擬音つきのギャグが有名。
 また、優れたジャズトロンボーン奏者でもあった。
 晩年は、軽みのある温厚な老人役でドラマの脇を固めていた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。
(個人的には、『世にも奇妙な物語』の「ゲームセンターの奇蹟」での優しさの内にある狂気が噴き出したかのような演技が、強く印象に残っているのだが)


 午前中はいいお天気、いい青空だったが、お昼過ぎぐらいからちょっとずつどんよりとした感じになる。
 雨が降るのかな。

 気温はそれなりに上昇。
 暑さが相当厳しい。
 9月ももう11日というのに、なんなんだろうなあ。
 やれやれ。


 髪が伸びてうっとうしい。
 そろそろ切りに行かなくては。


 朝日新聞の朝刊に、民主党代表選の情勢調査が掲載されているが、数の読み方がだいぶん意図的なんじゃないのかな、と思ってしまう。
 まあ、菅直人が代表選に勝利したら勝利したで、しばらくしたら世論調査の内閣支持率ががた落ちしてしまうのではないか。
 そうなるとは限らないけれども。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時57分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだった。

 10時42分に起きる。

 で、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけもすませる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 池内紀の『地球の上に朝がくる』<河出書房新社>を読了する。
 思っていた以上にヘヴィな一冊だった。

 続けて、高平哲郎の『由利徹が行く』<白水社>を読み始め、2の「ムーラン・ルージュ入団まで」まで読み終える。
 由利徹の話を、高平哲郎がまとめたもの。

 仕事関係の作業を進める。


 今夜は、アトリエ劇研までてんこもり堂の公演を観に行く予定。
 と、言うことで、そろそろ外出の準備を始めます。
 それじゃあ、行って来ます!
[PR]
by figarok492na | 2010-09-11 16:21 | CLACLA日記