「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 34 )   > この月の画像一覧

下京図書館へ行って来た(CLACLA日記)

 咳込みは続いているものの、ようやく熱が下がる。


 お昼過ぎに外出し、下京図書館へ。
 本当はまだ行きたくなかったのだが、佐藤亜紀の『醜聞の作法』<講談社>を返却してしまわなければならなかったため。
 ほかに、鹿島茂の『甦る昭和脇役名画館』<同>、宍戸錠の『シシド』<新潮社>、堀江敏幸の『雪沼とその周辺』<同>も返却し、堀江敏幸の『めぐらし屋』<毎日新聞社>、島田雅彦の『佳人の奇遇』<講談社>、予約したままになっていた吉田秀和の『音楽のある場所』と『音楽の二十世紀』<ともに新潮社>を新たに借りる。


 帰宅後、早速『めぐらし屋』と『音楽のある場所』を読み始める。


 ほかに、仕事関係や企画関係の作業を再開し、11月の創作活動について総括する。


 グレン・グールドが弾いたバッハのインヴェンションとシンフォニア、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第10番、第16番~第18番<いずれもSONY>を断続的に聴く。


 夕飯後、仕事関係の作業を進め、『めぐらし屋』と『音楽のある場所』を読み進める。
 『音楽のある場所』は、『レコード芸術』誌連載の「今月の一枚」をまとめたものである。


 ニコラウス・アーノンクール指揮ヨーロッパ室内管弦楽団が演奏したベートーヴェンの交響曲第1番と第2番<TELDEC>を聴く。


 今日は、明治ハイミルクチョコレートを食す。
 ドラッグユタカのセールの上に、さらに10パーセントオフで、税込み61円だったもの。
 その名の通り、ミルクがたっぷりと入ったチョコレートで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 エジプトの政治情勢についていろいろと考える。
 全く他人事ではない。


 それにしても、寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけ下さいね。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-31 21:56 | CLACLA日記

静養につとめた一日(CLACLA日記)

 ようやく熱は下がってきたが、咳込みが続いていることもあり、夕方の買い物以外は部屋に閉じこもって静養につとめる。
 本当はC.T.T.の試演会を観に行きたかったのだけれど、仕方ない。


 堀江敏幸の『雪沼とその周辺』<新潮社>を読了する。
 体調不良でタイムロスが生じたことは置くとして、ゆっくりと読み進めて正解の一冊だったと思う。
 堀江さんの作品は、これからも読み重ねていきたい。


 モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽8重奏曲他<SONY>と、クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団他が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第2番<TELDEC>を断続的に聴く。


 今日は、ブルボンのアルフォート・ミニチョコレートバニラホワイトを食す。
 ドラッグユタカのセールに加え、10パーセントOFFサービスで、税込み70円だったもの。
 ホワイトチョコレートをのせたココア地のビスケットで、なかなか美味しうございました。
 ごちそうさま!


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-30 21:34 | CLACLA日記

静養中です

 火曜日に高熱が出て倒れ、この間苦しい毎日を過ごしていました。
 未だ熱がとれず、快復までにはあと少しかかりそうです。
 日記の再開まで、今しばらくお待ち下さい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-29 13:21 | CLACLA日記

おやすみなさい!(CLACLA日記)

 今日は、企画関係の打ち合わせの予定が入っていたが、諸般の事情で延期ということになる。
 東京疲れがたまっていることもあり、無理に今日行わなくて正解だったかもしれない。


 堀江敏幸の『雪沼とその周辺』<新潮社>を読み進める。


 ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第90番、モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽8重奏曲他、バリトンのボー・スコウフスがヘルムート・ドイチュのピアノ伴奏で歌ったシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』他<いずれもSONY>を断続的に聴く。


 夕飯用の買い物をすませて帰宅してすぐ、急に体調が悪くなる。
 もしかしたら、風邪かインフルエンザかもしれない。
 いずれにしても、早く寝床に入らなければ。

 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけ下さいね。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-25 19:47 | CLACLA日記

喜味こいしが亡くなった(CLACLA日記)

 観劇記録、東京日記と、ブログのアップで疲れた…。


 漫才師の喜味こいしが亡くなったということを、昨夜の帰りの新幹線の電光掲示板のニュースで知った(83歳)。
 こいしさんが今は亡き夢路いとしとの兄弟コンビで繰り広げた漫才は、まさしく正統派の名に相応しいものだったと思う。
 また、昨年たまたま読んだ『いとしこいし想い出がたり』<岩波書店>にも記されていたことだが、こいしさんは広島での被爆者で、近年そのことを折にふれて語るようになっていた。
 いずれにしても、夢路いとし・喜味こいしは不世出の兄弟漫才コンビだった。
 深く、深く、深く、深く、深く黙祷。


 今日は、午前中に郵便局に行っていくつか用件をすませたほか、夕飯用の買い物のため夕方にも外出した。
 あとは、部屋で仕事関係や企画関係の作業を進め、ブログの投稿を行う。


 東京で購入した、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第88番~第90番<SONY>、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したモーツァルトのセレナード第9番「ポストホルン」他<オワゾリール>、モッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽8重奏曲他、バリトンのボー・スコウフスとピアノのヘルムート・ドイチュが演奏したシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』他<ともにSONY>、クルト・マズア指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団他が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第2番<TELDEC>を断続的に聴く。


 夕飯後、今後の創作活動について考え、堀江敏幸の『雪沼とその周辺』<新潮社>を読み進める。
 繰り返しになるが、『雪沼とその周辺』に収められた作品には、一篇一篇大切に読みたいと思わされる。


 京都市図書館のインターネットサービスで、吉田秀和の『音楽のある場所』、『音楽の二十世紀』、『今月の一枚』<いずれも新潮社>を予約しておく。


 ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第88番と第89番を聴く。


 今日も、甘いものは食さなかった。
 ここ数日、甘いものを食べていないなあ…。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-24 21:37 | CLACLA日記

中瀬の東京日記2011冬

 田上パル第10回公演の観劇記録にも記した通り、旧知の松田裕一郎さんのお誘いもあって、22日、23日と、久しぶりに東京を訪ねて来た。


 22日は、まず午前11時16分京都発ののぞみに乗って13時半過ぎに東京に到着すると、すぐに近くの三菱一号館美術館へ向かう。
 現在開催中の「カンディンスキーと青騎士」展を観るためだ。
 青騎士とは、カンディンスキーが中心となって展開された20世紀初めの芸術運動で、今回はミュンヘン市立レンバッハハウス美術館所蔵の作品が60点展示されていた。
で、カンディンスキーと親密な関係にあったガブリエーレ・ミュンターや、フランツ・マルク、アウグスト・マッケ、アレクセイ・ヤウレンスキーらの作品も悪くはなかったが、やはり心に強く残ったのは、カンディンスキーの1910年代の一連の作品だった。
 特に、色彩の乱射とでも呼びたくなるような『<コンポジション7>のための習作2』は、ついつい何回も観返したほどだ。
 眼福眼福。


 その後、仕事関係の用件を一つ片づてから新宿のディスクユニオン新宿クラシック館に移動し、ブルーノ・ヴァイル指揮ターフェルムジークが演奏したハイドンの交響曲第88番~第90番、バリトンのボー・スコウフスとピアノのヘルムート・ドイチュが演奏したシューベルトの歌曲集『白鳥の歌』<SONY>とクルト・マズア指揮ライプツィッヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団他が演奏したメンデルスゾーンの交響曲第2番<TELDEC>を購入する。
 いずれも、前々から欲しいと思っていたものだ。


 池袋から東武東上線で鶴瀬まで行き、駅前のマクドナルドで一休みしたのち(申し訳ないけど、ここの駅前はどうにもさびしい…)、バスで富士見市民文化会館キラリ☆ふじみへ向かい、そのマルチホールで田上パルの第10回公演を観る。
 詳しくは、前々回の記事をご参照のほど。

 公演終了後、松田さんより、元青年団の小畑克典さんご夫妻、田上豊さんをご紹介いただき、鶴瀬駅近くの居酒屋で小畑さん、松田さん、田上さんと話しをする。
 中でも、小畑さんと田上さんのお話に刺激を受けた。


 田上さんの車で松田さんのマンション近くまで送っていただいたのち(車中では、いつもの如く松田さんが名調子)、コンビニで買い物をすませてから松田さんのマンションへ。
 で、演劇についてなどあれこれ話しができたこと、健康のためサプリメントを飲ませてもらえたこと、さらには朝起きて朝ごはんをごちそうになったこと、そして、今回こうやってお誘いいただいたこと、いずれも嬉しくありがたいかぎりだったが、すっぽんとマムシのエキス配合の精力剤(手足の先が暖かくなったのは確かだけれど)を飲まされたのにはまいった。
 あと、またもやイラブー(海蛇)の干物を見せられたのにもまいった。
(ずいぶん前に、京都の松田さんの部屋で、岡嶋秀昭さんと藤本隆志さんとですき焼きパーティーを開いたときにも、これを見せられたのだ。おまけにあのときは北朝鮮の正体不明なドリンクまで…)


 23日は、11時台に松田さんの部屋を出、新国立劇場へ向かったが…、で、結局シアタートラムでミナモザの『エモーショナルレイバー』を観た、ということに関しては前回の記事をご参照のほど。


 終演後、仕事関係の用件を一つ片づけてから御茶ノ水へ移動し、ディスクユニオンお茶の水クラシック館で、クリストファー・ホグウッド指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックが演奏したモーツァルトのセレナード第9番「ポストホルン」他<オワゾリール>とモッツァフィアートが演奏したベートーヴェンの管楽8重奏曲他<SONY>を購入する。
 これもまた、前々から欲しいと思っていたもの。

 本来ならば駅近くの立ち食いソバ屋の明神で東京流のソバを食べておきたかったのだが、あいにく日曜日ということで閉まっていた。
 残念なり。


 そして、そこから東京駅まで出、空腹のまま17時40分ののぞみで京都に戻った。


 と、言うのが今回の「中瀬の東京日記」である。

 今回の東京滞在では、ある程度わかってはいたものの、東京の小劇場と京都のそれとの大きな違いの一端を実際の舞台で痛感させられたことが一番の収穫ではないか。
(もちろん、小畑さんや田上さんと面識を得られたことや、仕事関係の用件をこなせたことも大きな収穫だけれど)
 そして、あくまでも演劇関係者としての考えであると断った上でだが、京都における150席~250席規模の劇場の必要性を強く感じたことも、ここに付記しておきたい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-24 17:53 | CLACLA日記

ミナモザ『エモーショナルレイバー』

 東京滞在二日目の23日。
 はじめは、新国立劇場で『大人は、かく戦えり』を観ようかと思っていたのだが、正午過ぎにのこのこと小劇場まで向かったものだから、当然当日券はなし。

 と、言うことで、自分自身の勘に従って(一つは、初台からそれほど遠くないこともあって)三軒茶屋のシアタートラムまで移動し、ミナモザの『エモーショナルレイバー』(瀬戸山美咲作・演出)を観ることにした。
 で、この選択は全く間違っていなかったのではないかと、僕は思う。

 いつものことながら、詳しい内容は記さないけれど、『エモーショナルレイバー』は振り込め詐欺グループの拠点(マンションの一室)を舞台に繰り広げられるアンサンブル劇で、まずもって個々の登場人物の人物造形や、登場人物間の関係性の設定の巧みさが印象に残る。
 そして、そうした背景があるからこそ、登場人物が発する「転倒した言葉」(彼彼女らの転倒した感情)が強い力を持って迫って来るようにも感じた。
(例えば、グループのリーダー=「店長」がグループのメンバーを叱咤するシーンなど、その最たるものだ)
 加えて、この『エモーショナルレイバー』がいわゆる社会派的な要素ばかりで成立しているのではなく、母性の問題について言及されている点も僕には興味深かった。
 さらに忘れてならないのが、この作品がドライでグロテスクな笑いを多分に含んだ作品だということである。
 その意味でも、僕は桐野夏生の一連の作品を思い出しもした。

 役者陣は、ライヴ特有の傷があったり、ところどころ類型的な表現を行っているような感じがするなど、細かいことを言い出せばいろいろと不満はあるのかもしれないが、基本的には作品の世界観によく沿った演技を行っていたと思う。

 田上パル、そしてこのミナモザと、東京の小劇場の若手中堅のあり様と京都のそれとの大きな違いを識るという意味でも、二つの公演を観ておいて本当に正解だった。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-24 17:42 | 観劇記録

田上パル第10回公演『ミートくん』『アンヒビオ』

 皆さんは、田上パルという劇団をご存じだろうか。
 熊本出身で、桜美林大学に学んだ田上豊さんを中心に結成された団体で、2008年から3年間、富士見市民文化会館キラリ☆ふじみのキラリンク☆カンパニー(レジデンス・カンパニー)に選ばれた…。
 と、言ったことどもは、首都圏にお住まいの演劇関係者やシアターゴアの方たちならばとうにご承知のことかもしれないが、京都に住んで東京の小劇場事情にうとい当方は、恥ずかしながらこれまでその存在を知らずにいた。
 そんな田上パルの公演に今回出演するので、中瀬さんも観に来ませんか、と旧知の松田裕一郎さん(仕事の関係で、現在東京滞在中)からお誘いがあり、そこは一応芝居好きのはしくれ、喜び勇んでキラリ☆ふじものマルチホールまで、田上パルの第10回公演『ミートくん』、『アンヒビオ』(田上豊さん作・演出)を観に行って来た。

 で、出演者の体調不良のため、田上さん自身が急遽代役を果たすというスクランブル発進の初日初回、1月22日の夜の回を僕は観たわけだが、個人的には、はるばる東京、よりさらに遠く埼玉県の富士見市まで足を運んで大正解の公演だった。

 まずは、二本立ての前半『ミートくん』だが、こちらはチラシの「肉体を酷使する人生論」という惹句がストレートに表わされた一本で、もう一つ言えば、松田裕一郎という他の役者陣と一回り年齢の違う役者が座組みに加わったことから生まれた作品とも言えるだろう。
 未だ公演中なので詳しくは記さないが、役者の身体性(階段落ちは必見!)によって伝えようとすること(もしくは、そういった作品の構造・構図)が明確に示された内容で、終盤他の面々が松田さんを説得しようとする支離滅裂滅茶苦茶な動きと言葉に、曰く言い難い切実さと説得力を感じた。
 ただ、この作品の随所に仕掛けられた「笑いの種」の効果に関しては充分に認めつつも(実際、多くのお客さんから笑い声が聴こえていた)、それが笑いのための笑いではなく、道具としての笑いように強く思われたことに加え、上述した危機的状況の中で、本来意図している以上にぎくしゃくとした感じを覚えたこともあって、僕自身はあまり笑うことができなかった。
 役者では、松高義幸さん、平岩久資さん、安村典久さん、猪瀬青史さん、松田裕一郎さんの男性陣がまずもって魅力特性を発揮していたのではないか。
(松田さんは、後半意識が変化するところで、もう少しためがあってもいいかと思った)
 女性陣も好演で、特に角梓さんの存在感が印象に残る。

 休憩を挟んで後半は、『アンヒビオ』だが、いやあこれは面白かった。
 チラシによると、アンヒビオというのは、「幼児が自分で遊び方を考えなければならない変なブロック」の名称なんだそうだけど、まさにその名の狙いがどんぴしゃの、仕掛けたっぷり遊びもたっぷりな作品に仕上がっていた。
 これもまた詳しい内容については一切触れないが、「茶碗の中をのぞくと見知らぬ男がそこにいて、振り向くとおや不思議誰もいない…」といった趣きすらある展開で、田上パル十八番の熊本弁を駆使した家庭劇(そしてそれに、僕は同じ九州人として「俄」=今は亡きばってん荒川らのを思い出す)やら音楽劇やらの要素も意欲的に取り入れられていて、その「不思議な世界」を愉しみながら、僕はあれやこれやを想い考え感じることができた。
 ここでは、二宮未来さんが作品の鍵となっていて、その個性が最大限に活かされていたように感じた。
 一方、南波早さんは受けて立つというか、いわゆる「普通の人」を巧く体現していたと思う。
 そして男性陣や角さんも『ミートくん』に輪をかけて、その魅力特性を発揮していた。
(初日初回の緊急事態ということでトラブルもいろいろあったのだけれど、作品の造りもあって、僕には逆に面白く感じられたほどだった)

 いずれにしても、こうした計画された粗雑さ、「解体工事」のあとに、いったいどのような作品世界が創り出されていくのか。
 田上パルの今後の活動に大いに期待するとともに、ぜひとも関西(京都)でも彼彼女らの公演を観たいと僕は強く思う。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-24 14:43 | 観劇記録

おやすみなさい!(深夜のCLACLA)

 22日に東京を訪れ、23日の夜に京都に戻り、その後急な用件が入り、それをすませて帰宅。
 ようやくパソコンを開いたところ。

 田上パルの第10回公演『ミートくん』『アンヒビオ』(富士見市民文化会館キラリ☆ふじみ マルチホール)とミナモザの『セモーショナルレイバー』(シアタートラム)の観劇記録、並びに東京での日記に関しては、24日以降にアップする予定。


 それにしても、疲れた。

 今日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-24 00:06 | CLACLA日記

東京訪問前日(CLACLA日記)

 明日明後日と東京を訪問することもあって、今日は夕方の買い物以外は外出せず、部屋で仕事関係や企画関係の作業を進めたり、読書をしたりして過ごす。


 宍戸錠の『シシド』<新潮社>を読了する。
 宍戸錠が日活の主役陣に加えられ、石原裕次郎がスキー場での事故で重傷を負ったところで(つづく)の文字が…。
 できれば続き続きが読みたいのだけれど、『シシド』刊行から10年間、未だに続篇は出ていない。
 残念なり。
(なお、谷啓たちとマージャンに興じていた当時の恋人を宍戸錠がひっぱたいたくだりについては、彼について詳しくとり上げた小林信彦の『日本の喜劇人』<新潮文庫>の第六章の「醒めた道化師の世界」にも記されている)


 続けて、堀江敏幸の『雪沼とその周辺』<新潮社>を読み始める。


 グレン・グールドが弾いたバッハのインヴェンションとシンフォニア<SONY/BMG>、ピアノのエリック・ル・サージュ他が演奏したプーランクの室内楽曲全集<RCA、2枚組>を断続的に聴く。


 夕飯後、『孤燭』について考え、『雪沼とその周辺』を読み進め、東京訪問の準備を行う。
 『雪沼とその周辺』は、一篇一篇を大切に読んでいきたいと思える連作小説だ。


 グレン・グールドが弾いたベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」~第10番<SONY/BMG>を聴く。


 今日は、グリコのとろーりクリームプリンを食す。
 グルメシティで、税込み69円に値下げされていたもの。
 ホイップクリームがたっぷりと入ったプリンで、まあまあ美味しうございました。
 ごちそうさま!


 前原外務大臣が「思いやり予算」に署名したそうだ。
 いつものことながら、何が思いやりなのかと思ってしまう。

 今日も寒さが厳しい。
 皆さん、くれぐれも風邪やインフルエンザにはお気をつけ下さいね。


 明日がいい日でありますように!
 それじゃあ、おやすみなさい。
[PR]
by figarok492na | 2011-01-21 22:24 | CLACLA日記