2010年 09月 11日 ( 1 )

谷啓が亡くなった(CLACLA日記)

 谷啓が亡くなった。78歳。
 ハナ肇とクレージーキャッツの一員としてテレビや映画で大活躍した。
 特に、おなじみ「ガチョーン」をはじめとした擬音つきのギャグが有名。
 また、優れたジャズトロンボーン奏者でもあった。
 晩年は、軽みのある温厚な老人役でドラマの脇を固めていた。
 深く、深く、深く、深く黙祷。
(個人的には、『世にも奇妙な物語』の「ゲームセンターの奇蹟」での優しさの内にある狂気が噴き出したかのような演技が、強く印象に残っているのだが)


 午前中はいいお天気、いい青空だったが、お昼過ぎぐらいからちょっとずつどんよりとした感じになる。
 雨が降るのかな。

 気温はそれなりに上昇。
 暑さが相当厳しい。
 9月ももう11日というのに、なんなんだろうなあ。
 やれやれ。


 髪が伸びてうっとうしい。
 そろそろ切りに行かなくては。


 朝日新聞の朝刊に、民主党代表選の情勢調査が掲載されているが、数の読み方がだいぶん意図的なんじゃないのかな、と思ってしまう。
 まあ、菅直人が代表選に勝利したら勝利したで、しばらくしたら世論調査の内閣支持率ががた落ちしてしまうのではないか。
 そうなるとは限らないけれども。


 昨夜は、仕事関係や企画関係の作業を進めたのち、2時57分に消灯する。
 ただし、いろいろと考えごとをしていて、眠ることができたのは結局4時を過ぎてからだった。

 10時42分に起きる。

 で、すぐさま毎週恒例の洗濯を始める。
 ついでに、掃除機かけもすませる。

 仕事関係や企画関係の作業を進める。

 池内紀の『地球の上に朝がくる』<河出書房新社>を読了する。
 思っていた以上にヘヴィな一冊だった。

 続けて、高平哲郎の『由利徹が行く』<白水社>を読み始め、2の「ムーラン・ルージュ入団まで」まで読み終える。
 由利徹の話を、高平哲郎がまとめたもの。

 仕事関係の作業を進める。


 今夜は、アトリエ劇研までてんこもり堂の公演を観に行く予定。
 と、言うことで、そろそろ外出の準備を始めます。
 それじゃあ、行って来ます!
[PR]
by figarok492na | 2010-09-11 16:21 | CLACLA日記